エアーズロックへの行き方、お勧め周遊フライトパターン

エアーズロックへケアンズやシドニーも併せて周遊するお勧めのフライトパターンを紹介します。これを参考にエアーズロック観光を個人旅行で実現してみて下さい。

日本からエアーズロックへの直行便は就航されていないので、ケアンズやブリスベン、シドニー又はメルボルン経由が必要になります。またエアーズロックへのそれらの空港から国内線のジェットスターやカンタス航空便を使ってエアーズロック空港へと向かうことになります。

そのことから東京からエアーズロックへの航空券が格安で、所要時間と乗り継ぎ時間そして乗継回数が最小になるお勧めフライトパターンが以下のようになります。

日本からエアーズロックへの往路では
最短時間でのフライトは、成田発国際線をジェットスターとAUS国内線のカンタス航空を利用してケアンズ経由でエアーズロックへと行くフライト
最安値の航空券が見つかるお勧めフライトパターンは、成田発カンタス航空利用でブリスベン又はメルボルン経由+アリススプリングス経由でエアーズロックへ行くフライト

エアーズロックから東京への復路では
最短時間でのフライトは、エアーズロック発AUS国内線をジェットスターと国際線のカンタス航空を利用してメルボルン経由で成田に到着するフライト
最安値の航空券が見つかるお勧めフライトパターンは、エアーズロック発AUS国内線のジェットスターと国際線のカンタス航空利用でメルボルン経由で成田に到着するフライト。もしくは、エアーズロック発AUS国内線ジェットスターと国際線を日本航空利用でシドニー経由の成田到着のフライトとなります。

これらを踏まえて、日本からエアーズロック観光をメインにしたケアンズ、シドニー、メルボルン、そしてハミルトン島を併せて訪問する2~3都市周遊パターンが以下のようになります。これらは主なパッケージ旅行で使われているフライトパターンにもなり、個人旅行でもそれを真似ると最短日数と最少費用でエアーズロックやほかの都市も最大の滞在時間を過ごすことが可能になるでしょう。

以下のエアーズロックと1~2都市周遊モデルパターンは全てカンタス航空とジェットスターを利用することになります。

・成田発エアーズロック2~3泊+ケアンズ1~2泊成田到着
・成田発ケアンズ1~2泊+エアーズロック2~3泊シドニー経由機内泊で羽田到着
・成田発エアーズロック2~3泊+シドニー1~2泊+機内泊で羽田到着
・成田発エアーズロック2~3泊+メルボルン1~2泊で成田到着
・成田発エアーズロック2~3泊+シドニー1~2泊+機内泊で羽田到着
・成田発ケアンズ1~2泊+エアーズロック2~3泊+シドニー1~2泊+機内泊で羽田到着
・成田発メルボルン1~2泊+エアーズロック2~3泊+シドニー1~2泊+機内泊で羽田到着
・成田発メルボルン1~2泊+エアーズロック2~3泊+ケアンズ1~2泊成田到着
羽田発シドニー1~2泊+エアーズロック2~3泊+メルボルン1~2泊で成田到着
・成田発エアーズロック2~3泊+ケアンズ1~2泊+ハミルトン島2泊+機内泊で羽田到着
・成田発ハミルトン島2泊+ケアンズ1~2泊+エアーズロック2~3泊+シドニー泊又は経由+機内泊で羽田到着

そこで、楽天トラベルの海外航空券検索で試しに東京を出発してまずケアンズで2泊、そしてエアーズロックに移動して3泊、その後シドニーで2泊ののち東京へと戻る周遊型航空券を検索してみました。

すると、たくさんの格安フライトパターンが検索結果であらわされるのですが、その中で各都市での最大滞在時間が長くて、エアーズロックでの現地ツアーに参加する時間の都合がよくて、帰りは羽田着のフライトパターンでの航空券は136,890円のものが最適なものでした。

このフライトパターンを選んだ最大の理由はエアーズロックに到着後現地の日本語ガイドが付くパッケージツアーに参加するためです。多くの日本の旅行会社もこの現地ツアーパッケージを使うためにフライトパターンが選ばれています。この日本語ガイド付き現地パッケージツアーは2日間もしくは3日間のパッケージになっていて空港からホテルへの送迎、そして到着日にカタ・ジュタとウルル・サンセット・ツアー、2日目にウルル日の出登山とウォーキング・ツアーが組み込まれているものです。このパッケージに参加するには到着日には必ずエアーズロック空港にPM13:45までに到着する便を選ばなければならないからです。

Viatorではこのエアーズロック現地ツアーを日本からオンライン予約できます。パソコンサイトはこちらスマホサイトはこちらからアクセスできます。

そして、これらのエアーズロックへの行き方から現地でのツアーやエアーズロックリゾートの予約や内容、エアーズロックを含めたレンタカー周遊などの観光情報はオージーブリーズのエアーズロック周遊ページに全て載せています。エアーズロックへの航空券が見つかればそのあとの現地での観光に是非活用してください。

オーストラリアへ格安、最短、最小乗継で行けるお勧めフライト

オーストラリアに東京、大阪、名古屋、福岡の日本各地の空港から格安で、最短時間で、そして最小乗継時間で行けるお勧めのフライトをまとめてみました。これからオーストラリアへ個人旅行で行く計画を立てる際の参考にしてください。

日本から直行便が出ているケアンズ、ゴールドコースト、シドニー、メルボルンはもちろんのこと、乗り継ぎが必要なパースやダーウィンへの最安で最適の航空券がゲットできるフライトと直行便が出ていない大阪や名古屋や福岡からもオーストラリアへ個人旅行で行く際の参考になるでしょう。

ケアンズへのお勧めフライト
東京からはジェットスター、日本航空が共同運航で成田発着の直行便を就航
大阪からはジェットスター、日本航空が共同運航で関空発着の直行便を就航
名古屋からは日本航空を利用して成田経由、またキャセイパシフィック航空で香港経由でケアンズまで往復可能。そしてシンガポール航空利用でのシンガポール経由でもケアンズに往復可能。
福岡からは名古屋発着同様、日本航空を利用して成田経由、キャセイパシフィック航空で香港経由でケアンズまで往復可能。そしてシンガポール航空利用でのシンガポール経由でもケアンズに往復可能。

ゴールドコーストへのお勧めフライト
東京からはジェットスター、日本航空が共同運航で成田発着の直行便を就航
大阪からはジェットスターもしくは日本航空を利用して関空発着で成田もしくはケアンズ経由で往復可能。
名古屋または福岡発着では、ジェットスターもしくは日本航空を利用して成田経由が最適&お勧め

シドニーへのお勧めフライト
東京羽田からはカンタス航空と全日空が直行便を就航。また成田発着では日本航空が直行便を就航している。
大阪からはカンタス航空が期間限定、週3便だけど12月14日から18年の3月24日まで関空発着で直行便を就航。また全日空利用すれば羽田経由でシドニー往復が可能。そして関空発着で大韓航空、キャセイパシフィック航空を利用すればそれぞれソウル、もしくは香港で乗継ぎ一回でシドニー往復可能。
名古屋、福岡発着では日本航空を利用して成田経由、またカンタス航空を利用するには羽田までジェットスター国内線などで移動後シドニー往復が可能。また大阪発着と同様、大韓航空又はキャセイパシフィック航空を利用すればそれぞれソウル、もしくは香港で乗継ぎ一回でシドニー往復可能。

メルボルンへのお勧めフライト
東京成田発着でカンタス航空と日本航空がそれぞれ直行便を就航。
大阪からはジェットスターとカンタス航空を組み合わせてケアンズ、又は成田経由1回でメルボルン往復可能。また日本航空利用だと伊丹もしくは関空発着成田経由でメルボルン往復が可能。そして関空発着でキャセイパシフィック航空を利用すれば香港で乗継ぎ一回で毎日メルボルン往復可能。
名古屋、福岡発着では日本航空を利用して成田経由、またカンタス航空を利用するには成田までジェットスター国内線で移動後メルボルン往復が可能。またキャセイパシフィック航空を利用すれば香港で乗継ぎ一回でメルボルン往復可能。

パースへのお勧めフライト
パースには日本から直行便は就航されてないのでどこかで乗り継がなければならないけど以下のフライトパターンがお勧めです。

東京からは成田もしくは羽田発着のカンタス航空を利用すればブリスベン又はメルボルン、またシドニー乗継でパースに往復可能。キャセイパシフィック航空を利用すれば羽田発着香港で乗継ぎ一回で毎日パース往復可能。そしてシンガポール航空でも羽田発着シンガポール経由で毎日パースへの往復が可能。
大阪からはカンタス航空利用では、成田もしくは羽田経由そしてブリスベン又はメルボルン、またシドニー乗継でパースに往復可能。最善はシンガポール航空利用で関空発着シンガポール経由で毎日パースへの往復が可能。またタイ航空、キャセイパシフィック航空を利用すればそれぞれバンコク、もしくは香港で乗継ぎ一回でパース往復可能。
名古屋、福岡発着でもシンガポール航空利用が最善。シンガポール経由で毎日パースへの往復が可能。またカンタス航空利用では、成田もしくは羽田経由そしてブリスベン又はメルボルン、またシドニー乗継でパースに往復が可能になる。そしてタイ航空、キャセイパシフィック航空を利用すればそれぞれバンコク、もしくは香港で乗継ぎ一回でパース往復可能。

ダーウィンへのお勧めフライト
ダーウィンにも日本からの直行便は無いので乗継便でダーウィンを往復します。

東京からは成田発着のカンタス航空を利用すればブリスベン経由でダーウィンに往復が可能。またシンガポール航空利用では羽田発着シンガポール経由でダーウィンへの往復が可能。そしてフィリピン航空利用でも羽田発着が可能で、マニラ経由でダーウィンへの往復が可能になります。
大阪そして名古屋、福岡発着ではカンタス航空利用を利用する場合、成田まで国内移動後ブリスベン経由でダーウィンに最短で往復が可能。またシンガポール航空、フィリピン航空を利用すればそれぞれシンガポール、もしくはマニラで乗継ぎ一回でダーウィンへ往復が格安で可能です。

オージーブリーズでは各方面別ページ上にお勧めフライトの詳細とオンライン予約が可能なページへとリンクを張っています。

ジェットスターやカンタス航空を利用する場合は直接オフィシャル日本のサイトページからオンライン予約が可能ですが、オーストラリアのオンライン旅行会社最大のWotifからも日本/オーストラリアの航空券を購入できます。さすがにオーストラリアの飛行機会社であるカンタスやジェットスターのチケットは日本販売よりも安いものが見つかります。

またキャセイパシフィック航空や日本航空、大韓航空、そしてフィリピン航空などの航空券をオンラインで検索&予約するには楽天トラベル利用もお勧めです。

シンガポール航空利用するときは3か月おきぐらいでキャンペーンを行っているので、その際にオフィシャルページから直接予約&購入するのがお勧めになります。

 

パース,ケアンズ行きシンガポール航空のキャンペーンセール

パース、ケアンズ、ダーウィンへの格安航空券がシンガポール航空にてキャンペーンセールで販売されてます。9月24日までの期間限定です。

シンガポール航空を使えばオーストラリアにシンガポールでの経由だけで日本の地方都市からでも往復することができます。人気の観光地であるパース、ケアンズ、ダーウィンに来年2018年の3月29日までに行くことを計画される方はこのキャンペーンを見逃さないほうがいいですよ。

シンガポール航空だと羽田はもとより関空、名古屋、福岡に加えてこのキャンペーンでも広島発着も可能です。料金には燃油サーチャージが追加されることのない表示価格のまま購入でき、行き帰りにストップオーバーとしてシンガポールでの1泊が無料で含まれている料金でもあります。

ケアンズやダーウィンは11月以降雨季に入ってしまいますが、パースは市内近郊から南部のマーガレットリバーやエスペランスにかけての海岸部は絶好のビーチ・シーズンに入ります。是非このチャンスに西オーストラリアを周遊してみませんか?

シンガポール航空の9月24日までの期間限定オーストラリア人気都市へのキャンペーンセール・オフィシャルページ

 

ブルーマウンテンズに行ったらウォーキングも是非!!

シドニーからレンタカーなら1時間半ほどの世界遺産のブルーマウンテンズに行くなら是非その森と渓谷の中を歩けるブッシュウォークも体験してみてはいかがですか?

シドニーからブルーマウンテンズへ日帰り観光やレンタカーで訪れたら必ずスリーシスターズの景観を見晴らせるエコーポイントや渓谷を見晴らせるルックアウトには立ち寄りますが、2~3時間の余裕が取れるようなら、またカートゥンバやルーラなどに1泊するようなら是非ブッシュウォークも楽しんでみるといいでしょう。より一層ブルーマウンテンズの大自然、景観を体感できるはずです。

オージーブリーズのシドニー発着レンタカー周遊ページではブルーマウンテンズの絶景が見晴らせるルックアウトと、このブッシュウォークのことも日本語マップと共に紹介しています。

以下にはその代表的人気のブッシュウォークを4か所紹介します。

Great Round Walk
これはブルームマウンテンズにある人気のアトラクションであるシーニック・ワールドが命名したウォーキングコースですが、そのシーニック・ワールドの乗り物と以前から人気のウォーキングトラックを併せて楽しめる周回コースです。

歩行距離としては約4km、所要時間約2~3時間、グレイドは4のハードコースです。

シーニックワールドが出発、帰着。まずシーニックワールドからスカイウェイの乗り、East Stationまで片道乗車、その後プリンス・ヘンリー・クリフ・ウォークをエコーポイントまで歩き、エコーポイントからスリーシスターズの麓まで行き、そこから急な階段である有名なGiant Stairwayを降りていき(約900段もの階段)、絶壁の麓を歩けるフェデラル・パスを1時間ほどかけて歩いてシーニック・レイルウェイのボトム・プラットフォームからシーニックワールドまで登ってくる周回コース。

ナショナル・パス/National Pass
ウェントワース;Wentworth地区のコンザベーションハット;Conservation Hutが発着場所の周回コース
4.6km/2.5~3.5時間/周回、グレイド4のHardコース


グランド・キャニオン・トラック/Grand Canyon Track
ブラックヒース;Blackheath地区のエバンス・ルックアウト駐車場が発着場所の周回コース
6.3km/3.5~4時間/周回、グレイド3~4のMedium~Hardコース

ルーラ・カスケ-ド・ラウンド・ウォーク/Leura Cascades Round Walk
ルーラ・カスケード・ピクニックエリアが発着場所の周回コース
0.8km/30分/周回コース、グレイド3/Mediumコース

 

ゴールドコーストでブッシュウォークを楽しむ

ゴールドコーストに行ったらブッシュウォークも楽しんでみませんか?ビーチから内陸へと入ると素敵な滝の下を歩くようなブッシュウォークが点在しています。世界遺産の太古から続く森でのウィーキングへとレンタカーで是非出かけてみて下さい。

オージーブリーズのゴールドコースト・レンタカー周遊ページには日本語マップと共に内陸の世界遺産地区を含めたヒンターランドへとレンタカーで周遊する観光情報を満載していて、お勧めのブッシュウォークが楽しめるスポットや星空を見るのに最適な場所などまで分かります。

スプリングブルック国立公園とラミントン国立公園には簡単な遊歩道から数日掛けて縦走していくウォーキングルートがいくつもあり、日本のパッケージ旅行でもよく訪れる土ボタルが見られるナチュラルブブリッジやオライリーズのツリートップウォークもこの中に含まれていて、日中はこのようなウォーキング・ルートへゴールドコーストからレンタカーでやってくる観光客が多くいます。オージーブリーズのページやマップを参考にしてゴールドコーストから日帰りで楽しむドライブ周遊観光を計画してみて下さい。


スプリングブルック国立公園内の人気の滝;パーリングブルック・フォールス;Purling Brook Falls を2時間ほどで周回して歩けるウォーキングトラックとナチュラル・ブリッジ;Natural Bridgeの遊歩道の様子が分かるビデオ


スプリングブルック国立公園内のキャニオン・ルックアウトから滝の下を約2時間ほどで周回してくるツインフォールスサーキット;Twin Falls Circuitの様子が分かるビデオ。


オライリーズ;O’Reilly’sのツリートップウォーク;Tree Top Walkの様子とオライリーズでの滞在も分かるビデオ

オージーブリーズ作成ゴールドコーストレンタカー周遊見どころマップ。スプリングブルック国立子園内の見どころ、ラミントン国立公園内の見どころや宿泊場所、そしてタンボリンマウンテンでの観光スポットや夜空を見上げるのに最適なスポットまでも含めています。ゴールドコーストでのレンタカー周遊に役立ててください。

 

ケアンズからレンタカーで行けるお勧め観光地

ケアンズからレンタカーで日帰り、又は周遊しながら観光を楽しむベストスポットが分かるビデオを紹介します。

このビデオとオージーブリーズのケアンズレンタカー周遊ページを参考にすればケアンズへの個人旅行がより一層充実したものになるでしょう。

ケアンズ観光局(Tropical North Queensland)作成のケアンズまたはポートダグラスから日帰りで楽しむロードトリップ

まずビデオに出てくるのはポートダグラスからケープ・トリュブレーションまでのレンタカードライブの様子。出発時間なども出てきて日帰りで楽しめるアクティビティーも分かります。ポートダグラスを出発して,まずディンツリー・フェリーでケープ・トリュブレーションへ入って行きます。途中立ち寄るべきマウント・アレキサンドラ・ルックアウトやジャングル・サーフィン・キャノピー・ツアー、そしてグレイトバリアリーフへのシュノーケリング・クルーズなどの人気アクティビティーも分かります。帰り道にはディンツリー・ビレッジに立ち寄り夕食後戻ってくるようなスケジュールです。

2か所目のレンタカードライブ先はケアンズを出発して南へと向かう行程で、バビンダ・ボールダーズに午前中に訪れ、パロネラパークを訪問後にマムー・トロピカル・スカイウォークに行ってからケアンズへと戻ってくる一日コース。

3か所目はケアンズから内陸のアサートン・テーブルランドを目指してます。 ケアンズを朝9時に出発後アサートン・テーブルランドの拠点となる町;Yungaburraに立ち寄ってから(ビデオには出てこないですがこの町を訪れる観光目的はカーテンフィグツリーを見ることが第一。)、Lake Eachamでのんびりしてからチーズやチョコレートの試食もできるガロ・デイリーランドなどに訪問してからPM5時にはケアンズへと帰り道に付くスケジュールになってます。

これらの観光スポットやドライブマップなどはオージーブリーズのケアンズ・レンタカー周遊ページにも掲載してるので、是非参考にもしてケアンズへの個人旅行を満喫してください。