オーストラリアの空港にあるレンタカー会社

オーストラリア空港にあるレンタカー会社オーストラリア格安レンタカー

オーストラリアへの個人旅行でレンタカーを利用するのが増大中だけど、オーストラリアの主な空港からレンタカーして、また空港で返却が非常に便利です。その空港にあるレンタカー会社をまとめてみた。

スポンサーリンク

 オーストラリアの空港に受付カウンターある大手レンタカー会社

オーストラリア空港のレンタカー会社

オーストラリアの主な観光地の空港にあるレンタカー会社はやはり世界的にも大手となるレンタカー会社が空港ビル内に貸し出し&返却カウンターを持っています。

このレンタカー会社なら飛行機が到着する時間にカウンターに受付の人がいたり、夜中や早朝に返却する際も空港ビルに隣接する駐車場にレンタカーを停めてカウンターに鍵を返却するだけという非常にスムーズに旅行を進めることができます。

オーストラリアのこれまでの主なレンタカー会社は6社、
エイビス;Avis、バジェット;Budget、ハーツ;Hertz、ヨーロップカー;Europcar、スリフティー;Thrifty、そしてレッドスポット;Redspotとなります。

これらの大手は飛行場の国際線でも国内線でも大体荷物を受け取るBaggage Claimの近くにカウンターがあります。

オーストラリア空港のレンタカー会社

(ゴールドコースト空港のレンタカー会社のカウンター)

オーストラリアの空港に新規参入しているレンタカー会社

オーストラリア空港のレンタカー会社
オーストラリア空港のレンタカー会社

オーストラリアの空港にあるレンタカー受付カウンターの看板が最近様変わりしてきています。

大手6社の看板に新規参入してきたレンタカー会社のロゴが加えられるようになっています。

まずオーストラリアで育って大手レンタカー会社になったRedspotが2015年にアメリカ最大のレンタカーグループ;エンタープライズ・ホールディングのオセアニア地区の販売代理店になったことからこれまでのRedspotのカウンターにはエンタープライズ・レンタカーのロゴが加えられるようになってます。

このレンタカーグループにはやはりアメリカなどで人気のAlamoやNationalといったレンタカー会社も傘下にある為このアラモやナショナルのロゴもRedspotの受付カウンターに見られるようになってます。

だから、レンタカー予約サイトでAlamoやEnterpriseのレンタカーを予約しても、そのレンタカーの受付カウンターはRedspotの受け付けカウンターと同じと言いうことになります。

オーストラリア空港のレンタカー会社

(ホバート空港のレッドスポット受付カウンターはenterpriseと同じカウンター、看板の隅には同系列のNationalとAlamoのロゴも見れます。)

また、大手レンタカー会社も最近は格安ブランドを加えたり、レンタカー会社自体が統合されていたりします。

AvisとBudgetは大型資本提携となって、空港内のカウンターなどは両社が一つのカウンターを共用するようになっています。

またハーツは2013年から格安ブランドとしてFireflyを始め、最近オセアニア地区にも進出してきてます。

だからハーツの受付カウンターにはFireflyのロゴ看板が片隅に掲げられたりしてます。

これもレンタカー予約サイトでFireflyのレンタカーを予約してもそのカギを受け取ったり、返却の時はHertzのカウンターで行うことになります。

オーストラリアの格安レンタカーをオンライン予約

オーストラリアを個人旅行で観光、および周遊するならレンタカー利用がお勧めですが、格安レンタカーを見つける際にこの空港に受付カウンターがあるレンタカー会社にするか、空港ビルから離れたところにあるレンタカー会社を選ぶかをまず考えましょう。

オーストラリア空港郊外のレンタカー会社

格安レンタカーを提供するのはやはり空港ビル内に受付カウンターや専用駐車場を持たない現地のレンタカー会社です。

オーストラリア国内に支店を持つ代表的なところでは
イーストコースト・カーレンタル;Eastcoast Car Rentals、エース・レンタルカー;Ace Rental Cars、バーゲン・カーレンタル;Bargain Car Rentals、アルファー;Alpha などになります。

これらの格安レンタカー会社を利用する際はやはりその受付カウンター、事務所が飛行場には無いということを注意していたほうがいいでしょう。

どの格安レンタカー会社も事務所と空港の間を無料送迎シャトルを利用できたりします。

けれど、その事務所が開いている時間が問題です。

無料シャトルはオープン時間にしか利用できないことはもちろんのこと、早朝や夜間は事務所自体閉店になっているのが普通で、貸し出しや返却が出来ないと思った方が良いでしょう。

実際は鍵を受け取ったり、返却するボックスなどが用意されてたりするのだけど、それを英語で説明されても分からなかったり、まして空港/事務所間をタクシーなどで移動する手間と時間が必要になります。

また、無料シャトルも普通空港到着後TELなどで連絡することになるので、その際に英語での対応が難しいと考える人には空港にカウンターのあるレンタカー会社を選ぶ方が無難だと思います。

レンタルカードットコムで
オーストラリアの格安レンタカーをオンライン日本語予約

オーストラリアの格安レンタカーを
オンライン予約するには日本語で検索ができ、
車種別に最安値を比較してから予約が可能な
Rentalcars.comがお勧め。

オーストラリアの格安レンタカーを料金比較して日本語オンライン予約

CarTrawlerのレンタカー予約エンジン
利用してもオーストラリアのレンタカー会社の
最安値料金を車種別に比較後日本語でオンライン予約ができます。

CarTrawlerのレンタカー検索システム
世界中の大手旅行会社(Hotels.com)や飛行機会社(エミレーツやKLMなど多数)で
使われている安心システムです。
モバイル用のリンクを利用して日本語で
オーストラリアの格安レンタカーをオンライン予約ができます。