全豪オープンテニスのチケット、ホテルを個人手配して見に行く手順

全豪オープンテニス観戦チケット販売サイト

全豪オープンテニスのチケットを個人で手配することもできます。そしてメルボルンへの格安航空券とホテルも個人手配してメルボルンへの個人自由全豪オープンテニス観戦ツアーを作ってみませんか?

2019年の全豪オープンテニストーナメントは1月14日から始まり決勝が1月27日となる2週間のグランドスラムトーナメントです。この観戦チケットはオンラインで購入することができ、メルボルンへの格安航空券とホテルを個人で手配しちゃえば個人ツアーが出来上がります。その手順を紹介します。

2019全豪オープンテニス観戦チケット販売開始は10月3日AM9時から

毎年全豪オープンの観戦チケットは10月からトーナメントオフィシャルチケット販売会社であるTicketekがオンラインで販売をします。19年の一般チケット販売は複数マッチのチケットが10月3日(水)のオーストラリア時間のAM9時から、シングルマッチのチケットは10月9日(火)のAM9時からオンライン販売となります。この観戦チケットはさすがに非常に人気があるのですぐに売り切れになることがあるのですが、どの日のどの会場のマッチを、そして有名選手のゲームを見るために行こうと思っている人には購入するチケットを決めるには10月の段階では非常に難しいことになるのですが、思い切って”準々決勝から決勝までの男子シングルマッチのチケットだけ”とかと決め打ちすることが必要になるでしょう。販売開始日までにある程度この購入予定チケットを考えていた方が良いでしょう。

全豪オープンテニス観戦チケットオンライン販売サイト

全豪オープンテニスのオフィシャルサイトで個人手配旅行でも必要な情報は事前収集できる

全豪オープンテニスのオフィシャルサイトでは観戦チケットの販売も行っています。一般の販売日までにはイベントやディナーがついているホスピタリティーチケットが販売されています。

その観戦チケット以外にメルボルンに行って観戦をしに行くときまでの必要情報がほぼ全て見つかるでしょう。マッチコートへの行き方、マップ、入場開始時間、観戦席、会場内の施設や食事場所などのマッチコートのことからトーナメントのスケジュールや出場選手のことまで随時更新され最新情報が分かります。

全豪オープンテニスオフィシャルサイトページ

メルボルンへの格安航空券を個人手配する

楽天トラベルを使ってメルボルンへの往復航空券を個人手配ができます。

東京(成田)からメルボルン(Mel)への格安航空券検索

関空からメルボルン(Mel)への格安航空券検索

名古屋からメルボルン(Mel)への格安航空券検索

福岡からメルボルン(Mel)への格安航空券検索

楽天トラベルメルボルン行き海外航空券個人手配

楽天トラベルを使って19年1月21日東京発、1月28日メルボルン発の往復海外航空券大人2人で検索した結果(9月9日現在)

メルボルンの市内中央のホテルを料金比較後日本語オンライン予約をする

メルボルンのホテル料金比較後日本語オンライン予約

ホテルコンバインドを使ってメルボルンのホテルを19時年1月22日チェックインから1月28日チェックアウトで検索した結果(9月9日現在)

メルボルンの個人手配旅行に役立つオージーブリーズのメルボルンへの個人旅行ページ

オージーブリーズメルボルン個人旅行ページ

オージーブリーズのメルボルン個人旅行ページではメルボルンを個人旅行で観光する為の情報を取り揃えています。メルボルン空港から市内への行き方や市内のお勧めホテル、市内観光やショッピングに役立つ情報など日本語マップと共に紹介してます。

メルボルン,パースへのシンガポール航空6月セールがお得です。

オーストラリアに6月から9月の間に行くなら、日本就航50周年記念セールが行われているシンガポール航空を使うのもいろいろと特典もついてお得になってます。

オーストラリアのメルボルン、パース、ダーウィンへ行くならシンガポールでの一回の乗継で済むシンガポール航空を利用するのもお勧めです。特に関空、名古屋、福岡そして広島からオーストラリアを目指すならシンガポール航空は便利になるでしょう。

そのシンガポール航空が6月いっぱいまでの期間限定で特別セールを行ってます。旅行期間はオーストラリアの冬から春にかけての期間の6月から9月まで。パース近郊ではワイルドフラワーが見られる季節にあたり、ダーウィンからカカドゥ国立公園を周遊するにはベストシーズンに当たります。

オージーブリーズのメルボルン個人旅行ガイドページ

オーストラリアへの直行便はこれだけある。18年3月現在

日本からオーストラリアへ直行便で行ける国際線路線が増えていってます。18年3月現在での成田や羽田、そして関空からオーストラリアへ直行便で行けるフライトをまとめてみました。

オーストラリアへ日本から乗り継ぎが無くてケアンズやシドニーなどを往復できるフライトがここ2-3年でどんどん増えていってるのですが、これは日本からオーストラリアへくる人が多くなってるというのもあるけど、その逆のオーストラリアの人がたんまりと日本へと観光やスキーなどでやってくる需要が増大しているからでしょう。オーストラリアの人も世界中の流れにもれず海外旅行先の話題はここ2~3年東京や京都、大阪などはもとより地獄谷の温泉サルや石垣島などといった日本人でもディープな観光地に興味が集まるようになってます。

そこで、日本からの個人旅行でオーストラアリアへ直行でやって来れる都市はシドニー、ケアンズ、メルボルン、ブリスベン、ゴールドコーストの5都市となり、日本からは昨年から関空/シドニー間が加わりましたが、羽田と成田がやはり主流の3つの空港からとなります。飛行機会社はカンタス航空とジェットスターのオーストラリア勢と日本サイドは全日空とJALになります。

ケアンズへの直行便(18年4月でのスケジュール)

ジェットスターが成田発着で毎日就航
成田発 PM20:10//ケアンズ着 AM04:40
ケアンズ発 PM12:15//成田着 PM18:45

ジェットスターが関空発着で毎日就航
関空発 PM20:55//ケアンズ着 AM05:15
ケアンズ発 PM13:00//関空着 PM19:30

シドニーへの直行便(18年4月でのスケジュール)

カンタス航空が羽田発着で毎日就航
羽田発 PM22:00//シドニー着 AM09:25
シドニー発 PM20:45//羽田着 AM05:15

全日空が羽田発着で毎日就航
羽田発 PM22:00//シドニー着 AM09:35
シドニー発 PM21:30//羽田着 AM05:05

日本航空が成田発着で毎日就航
成田発 PM18:55//シドニー着 AM06:40
シドニー発 AM09:15//成田着 PM17:00

カンタス航空が関西空港からシドニーへ月,水,土就航
関空発 PM20:40//シドニー着 AM07:30
シドニー発 AM10:15//関空着 PM19:10

メルボルンへの直行便(18年4月でのスケジュール)

カンタス航空が成田発着で毎日就航
成田発 PM20:05//メルボルン着 AM07:45
メルボルン発 AM09:35//成田着 PM18:35

日本航空が成田発着で毎日就航
成田発 AM10:35//メルボルン着 PM21:55
メルボルン発 AM00:35//成田着 AM08:35

ゴールドコーストへの直行便(18年4月でのスケジュール)

ジェットスターが成田発着で毎日就航
成田発 PM21:05//ゴールドコースト着 AM06:55
ゴールドコースト発 AM10:45//成田着 PM18:55

ブリスベンへの直行便(18年4月でのスケジュール)

カンタス航空が成田発着で毎日就航
成田発 PM19:55//ブリスベン着 AM05:55
ブリスベン発 AM09:35//成田着 PM17:55

カンタス航空の日本とオーストラリア直行路線マップ。カンタス航空利用ならブリスベン、シドニー、メルボルン経由で同日にハミルトン島やエアーズロック、パースやタスマニアなどの観光地に乗り継ぎが可能です。