シドニー大晦日の花火大会を見る

シドニーの大晦日12月31日のニューイヤーイブ花火は今や世界的にも一年の中の一大ビッグイベントとして知られます。この花火大会をその目で見るための情報を紹介します。

まずはシドニーの大晦日の行事に関するオフィシャルサイトがあります。http://www.sydneynewyearseve.com/ これだけでぼぼ必要な情報は揃うと思います。
http://www.sydneynewyearseve.com/

シドニーでの花火を見ることができるスポットの案内から始まって、当日その場所で行われるイベント情報も分かります。そして当日は道路閉鎖も多くなるので、その車が走れない通りや公共交通機関の情報も分かります。

そしてオーストラリアの主な都市でのニュー・イヤー・イブ花火はライブでラジオなどで中継があったり、ストリーム映像でも楽しめます。もちろんこのシドニーでの花火もライブでこのサイトから見ることも可能です。

シドニー市内にホテルを予約することができたら、そのホテルから花火観覧スポットまでの行き方などを事前に知っておくことができるでしょう。

シドニー市内から徒歩でも行けて、無料の人気花火観覧スポットは
・ハーバーブリッジの麓;Dawes Point Park (30000人まで収容可能,フード&ソフトドリンク販売。)
・ロックスのObservatory Hill Park(7500人まで収容可能,フード&ソフトドリンク販売。)
・オペラハウス周辺はもちろん、また有料だけどオペラハウス手前のTarperian Precinct Lawn =Lawn with View(900人まで収容可能,アルコール販売。)も人気
・そして一番有名なスポットはロイヤル・ボタニックガーデンのミセス・マクォーリーポイントでしょう。(16000人まで収容可能,アルコール販売。)
・またダーリングハーバーでも花火は上がる。そこでダーリンングハーバーの
Cockle Bay(46000人まで収容可能,フード&ソフトドリンク販売。)と
オーストラリア海事博物館横のPyrmont Bay Park (15000人まで収容可能,フード&ソフトドリンク販売。)

また、シドニー湾でクルーズ船での観覧も非常に人気があるけど毎年早くにその乗船チケットは売り切れます。この花火観覧クルーズは乗船人数が決められているので、人混みから避けることもできるし、海上からその花火を見れるのはなかなか体験できないでしょう。お早目にご検討ください。
代表的な花火観覧クルーズで、お手頃価格は以下の通り、
シドニー・フェリーでの観覧;http://www.beyondthewharf.com.au/new-years-eve-cruises/
キャプテンクック・クルーズ;https://www.captaincook.com.au/sydney-harbour-cruises/whats-on-in-sydney/new-years-eve/
Bass & Flinders Cruise; http://newyearsevecruise.com.au/

シドニーからブルーマウンテンズへの周遊観光

シドニーの郊外に世界遺産のブルーマウンテンズがあります。シドニーの町から2時間ほどで大都市とは全く違った森林と大渓谷が広がります。この人気の観光地でもあるブルーマウンテンズの周遊方法を少し紹介します。

ブルーマウンテンズにはシドニーから日帰り観光ツアーもたくさん出ています。またそういった観光バスでのツアーに参加しなくても電車での日帰り観光、そしてレンタカー利用でも日帰りが可能です。

ブルーマウンテンズへシドニーから日帰りもいいのですが、時間に余裕があればブルーマウンテンズにも様々な宿泊施設もあるので1泊ぐらいしてもいいところです。そうすれば日帰り観光では時間的に訪れることが難しいブッシュ・ウォーキングやルックアウトにも訪れることができるでしょう。

シドニーから電車利用で日帰りブルー・マウンテンズに訪れたらブルーマウンテンズの見どころを周遊するために多くの人が利用するブルーマウンテンズ・エクスプローラーのビデオ。このバスは一日乗り降り自由のバスです。またビデオにはブルーマウンテンズで最も人気のアトラクションであるシーニック・スカイウェイやシーニック・レイルウェイの様子からブッシュウォーキングの様子も分かります。

ブルーマウンテンズにレンタカー利用で訪れる人向けにオージーブリーズが作成して一般公開しているブルーマウンテンズ観光マップ。エクスプロラーバスが巡る観光スポットはもちろんのこと人気のブッシュウォークの入口となる場所、レンタカーでしか訪れることのできない必見ルックアウトの場所や観光スポットもこのマップから分かります。またブルーマウンテンズのお勧めホテルも載せています。

PulpitRockLookout2

ブルーマウンテンズにレンタカーで訪れたらレンタカーでしか訪れることのできないルックアウトやブッシュ・ウォークを楽しんでみても良いでしょう。写真はBlackheath地区にあるPulpit Rock Lookout です。ここ以外にもウェントウォース地区にあるKings Tableland Flat Rock も人気の絶景ポイントです。

 

 

 

オーストラリア観光局の360°動画がすごい!

オーストラリア観光局;Australia.comが作成した観光地紹介ビデオがすごいです。フェイスブックに投稿されていますが、360°全方向の景観が動画で見ることができます。これまでに見たことのない観光地紹介ビデオです。

これまでにオーストラリア観光局が作成したこの360°動画シリーズはハミルトン島のホワイトヘブンビーチから始まって、アデレード郊外のカンガルー島、シドニー湾とオペラハウス、そしてメルボルンのグレイトオーシャンロードの動画が公開されています。

この動画のすごいのは動画の最初の部分にも画面表示されていますが、画面をクリックしてドラッグすると360°=左右はもとより上も下も全方向的に映し出す画像の方向を変えることができて、動画として見れる景色を自由に全方向見回しながら再生していくことができます。

360: Experience Sydney’s atmosphere from one of the most beautiful harbours in the world

Australia.comさんの投稿 2016年3月9日

 

シドニー湾の様子が360°分かるように映されている前半からオペラハウス前から見られるタイムラップの映像につながって行きます。このオペラハウス前からのタイムラップも360°見回せるのがすごい。

 

360: Get up close to the 12 Apostles along Victoria’s iconic Great Ocean Road

Australia.comさんの投稿 2016年3月16日

メルボルンからレンタカーなどでも行くのに人気のドライビングルート;グレイとオーシャンロードのハイライトである12人の使徒の様子が上空から眺める様子で分かります。ロック・アード・ゴージから離陸して、外海へと向かい、途中から12人の使徒の岩並みに沿うように海岸線上空から眺める様子が分かります。

360: Whitehaven Beach and Hamilton Island, Queensland, Australia

Picture yourself here, soaking up the sunshine at Whitehaven Beach in Visit Whitsundays, Queensland, Australia

Australia.comさんの投稿 2016年2月2日

ホワイトヘブンビーチ沿いに疾走するジェットボートと共に素敵なビーチの様子が上空から見回せ、途中からはハミルトン島のメインプールに入っているのと同じ感覚でリゾート気分が楽しめる映像です。