ヴィヴッド・シドニー18年は5月26日から

シドニーのビッグイベントの一つ、ビビッドシドニーが今年は10周年を迎え、5月25日から6月16日にかけて行われます。この光と音の祭典を体感するためのシドニー滞在情報を紹介します。

ヴィヴッド・シドニーの楽しみ方

Vivid Sydneyオフィシャルサイト

10周年を迎える2018年のヴィヴッド・シドニーは5月25日から6月16日にかけてシドニーの中心地などで光と音とアイデアをテーマとした世界中のアーティストたちが表現する芸術作品を体感できる祭典です。特にオペラハウスやハーバーブリッジなどの巨大な公共スペースがその表現の場に使われため無料で体感しに行けることでも知られています。

ヴィヴッド・シドニーのオフィシャルサイトではシドニーのマーテインプレイスなどの中心地を含め、ロックスやダーリングハーバー、ボタニックガーデンなどで行われるイベントの日時と場所などが分かります。

カンタス航空のビビッドシドニ-日本語ページ

カンタス航空が日本語でビビッド・シドニーの紹介をするサイトページです。羽田、関空からビビッド・シドニー期間中にシドニーに行く航空券オンライン予約も併せてできます。

オージーブリーズのシドニーページ

オージーブリーズではシドニーへの個人旅行向けページをシドニー個人旅行ページ、シドニーのホテルとレストランページ、そしてシドニー発着レンタカー周遊ページの3つのサイトページでシドニー滞在を個人旅行でも満喫できるようにしています。

シドニー個人旅行ぺージではビビッドシドニーの期間中特別に行われるシドニーハーバーの遊覧クルーズのオンライン予約なども可能な情報も載せています。

シドニー発着レンタカー周遊ページではシドニーからブルーマウンテンズやハンターバレーへのレンタカーで周遊するための旅行情報を日本語マップと共に掲載しています。

ビビッド・シドニー2017年のハイライト・ビデオ

 

関空からシドニー直行便12月14日から就航

カンタス航空が関空から期間限定ですが、シドニーへの直行便を就航させます。今年の冬は是非これでシドニーへと行く計画を立て見てください。

関空からオーストラリアへの直行便はケアンズへジェットスターが定期路線を持つだけで、カンタス航空が復帰するのは90年代以来となります。実際この路線の就航はオーストラリアの人たちの日本への旅行ブームが後押しした結果だと思われますが、関空からの海外定期路線で長距離路線が減っていく中、このオーストラリアのシドニーへの路線復活は関西在住の人にはうれしいことだと思います。

この関空/シドニー直行便の就航は12月14日から3月24日までの期間限定で、週3便の月、木、土曜日となります。これを使えば恐らく日本の方には5日間から7日間でのシドニー旅行の計画が立てられるでしょう。

カンタス航空では8月4日まで、この関空就航便も含めてセールを行ってます。このセール中ではエコノミークラスのチケットが関空/シドニー往復で¥58.000~となってます。諸税は含まれてないのすが、プラス¥13.800ぐらいなので合算しても¥72.000ぐらいでシドニーを往復できます。また料金はさすがに上がりますが、このセールチケットはお正月の期間中のチケットもオンライン予約、そして購入できます。今年のお正月はシドニーのカウントダウン花火をその目で見ることにしませんか?

オージ・ブリーズではシドニーへの個人旅行を満喫できる旅行情報ページとして3つのページを公開してます。シドニー観光シドニーのホテルとグルメ・レストラン、そしてシドニー発着レンタカー周遊ページ。この3つのページの情報も参考にしてシドニー旅行計画も立ててみて下さい。

関空/シドニー直行便スケジュール 2017 12月14日 ~ 2018 3月24日
QF34便 月 関空発PM22:50 シドニー着AM10:40+
QF34便 木 関空発PM18:55 シドニー着AM06:45+
QF34便 土 関空発PM18:55 シドニー着AM06:45+

QF35便  月 シドニー発PM13:25 関空着 PM21:20
QF35便  木 シドニー発AM09:30 関空着 PM17:25
QF35便  土 シドニー発AM09:30 関空着 PM17:25

 

 

シドニーへの格安航空券セール3月19日まで

シドニーへの羽田から毎日直行便を定期就航しているカンタス航空がそのシドニーへの航空券セールを行っています。販売終了は3月19日までなのでお早目の決断が必要です。

このキャンペーンでの目玉はシドニ-往復が¥70,000で販売される期間があることです。その最低価格期間中というのがシドニーの冬のビッグイベントであるビビッド・シドニーと重なる5月9日から6月12日。それと春の陽気があふれてジャカランダの花も咲き始める時期である10月11日から11月15日までの期間。観光にもいい時期に格安でシドニーへ往復できます。この機会を是非お見逃しなく。カンタス航空シドニーセール
カンタス航空のシドニーセールはこちらのページから詳細が分かります。

シドニー、マルディグラが今年もやってくる。

シドニーの人気、恒例のビッグイベント;シドニー・マルディグラが今年もやってきます。今年は2月7日から3月5日まで。この期間中シドニーに訪れるならぜひアート・イベントやコンサート、パーティーそしてパレードを見に行ってみるといいでしょう。

世界最大のゲイ&レズビアンの祭典がシドニー・マルディグラ。今年も2月7日から2週間にわたりシドニーの各地でそのイベントやパーティーが行われます。最大見ものは3月4日に行われるパレードです。ダーリングハーストのOxford StreetとFlinders Streetがこの夜は約1万人のゲイとレズビアンのパレードで埋め尽くされます。これもシドニーで行われる一生に一度は見ておくべきイベントだと思います。

http://www.mardigras.org.au/

(シドニー・マルディグラ・オフィシャルサイト

(シドニー・マルディグラ、2017年のプロモーションビデオ)

 

シドニー,ワトソンズベイでシーニックウォークがお勧め

シドニーに行ったら是非フェリーに乗ってワトソンズベイまで行き、シーニックウォークとフィッシュ&チップスを楽しんでみてください。

ワトソンズベイからシドニーハーバー内のサウスヘッドまで素敵なビーチを抜け可愛らしい色合いのホーンビー灯台まで歩くウォーキングトレイルが地元に人にも大変人気です。周回で2.8km、1時間15分ほどのシーニック・ウォークでイージーウォークのカテゴリーだから観光がてら歩くにも丁度いい距離、時間、そして素敵な景観も楽しめます。

ワトソンズベイのフェリー乗り場には有名なシーフードレストラン;ドイルズ(Doyles on the Beach)があるので歩き終わったら、名物のフィッシュ&チップスをビールと一緒にたしなむのが定番コースになっています。

シドニーワトソンズベイウォークマップ

ワトソンズベイのフェリー乗り場からホーンビー灯台までのウォーキングトレイルのマップをPDF版で見ることができます。)

(シドニー観光局のフェイスブックでこのホーンビー灯台までのウォーキングトレイルが取り上げられています。)

オージーブリーズシドニーページワトソンズベイ情報

オージーブリーズのシドニーページではワトソンズベイでのウォーキング情報から、サーキュラキーからワトソンズベイへのフェリー、バスで行く方法、ドイルズなどの観光スポットも紹介しています。)

カンタス航空のクリスマスセール12月25日まで

カンタス航空がクリスマスセールとして12月25日までの期間限定販売でシドニー、メルボルン、そしてブリスベンまでの直行便のチケットをオンラインセールしています。
http://style.qantas.jp/2016xmas_sale/

カンタス航空を使えば日本からオーストラリアへと直行で往復することができます。羽田からシドニーへ、12月16日から就航する成田/メルボルン線、そして同じく成田からブリスベンへと直行便で往復が可能。しかも毎日飛んでいるので旅行計画も立てやすい。

そのシドニー、メルボルン、ブリスベン行のチケットをこのクリスマスセールでゲットしてください。旅行期間はヴィヴィッド・シドニー開催時期に重なる5月7日から7月6日の冬の時期、シドニーマラソンや日本のお盆の時期にも重なる8月9日から9月28日の初春の時期、そしてメルボルンカップでにぎわう時期と重なる10月23日から11月30日までの観光にもベストのシーズンを迎える初夏の時期となります。

売り切れる前に決断をしましょう。

シドニーの人気現地ツアーを日本語予約

シドニ-に行ったら必ず行きたい、やりたい現地ツアーや現地アクティビティー、テーマパークなどの予約、チケット購入が日本語案内に従いながらオンラインでできます。

オーストラリアとニュージーランドの現地ツアーなどの予約、チケット販売などを行うオーストラリアの会社であるエクスペリエンスOZのサイトの日本語ページを利用すれば楽々オンラインで即座に現地での個人旅行計画が立てられます。

エクスペリエンスOZシドニー日本語ページ

シドニーページには65種類の人気アクティビティーや現地ツアーが紹介されていますが、その中で日本からの個人旅行者にも人気でお勧めの現地ツアーをいくつか紹介します。

まず、シドニーから日帰りで行くツアーではやはり世界遺産のブルーマウンテンズへのツアーが人気ですが、エクスペリエンスOZのシドニーページの中で日本語案内があるのはブルーマウンテン少人数ツアーブルーマウンテンズ&ジェノランケーブ日帰りツアーです。どちらのツアー紹介ページでも日本語でのツアー内容が記されていて、ツアー参加に必要な事柄はほぼ全部分かります。そしてこのページからカレンダーを見ながら空き状況も分かるし、そのまま予約まで可能です。そしてエクスペリエンスOZ利用者に対する特別割引価格での購入も可能です。

エクスペリエンスOZブルーマウンテンズツアー(英語での案内でも大丈夫ならブルーマウンテンズへのツアーでは王道というようなフェザーデール・ワイルドライフパークにも立ち寄るツアーもお勧めです。ランチとリバークルーズのオプショナルで選択も可能なツアーです。ブルーマウンテンズ&フェザーデール・ワイルドライフパーク日帰りツアー

次にシドニー滞在中に必ずと言っていい訪れるテーマパークや人気のアクティビティーも入場券や予約がこのシドニーページからできます。

シドニーでこそできる人気のアクティビティーとしてハーバーブリッジを歩いて登るブリッジクライムシドニータワーの頂上の、しかも外を歩くスカイウォークを日程カレンダーと照らし合わせながら予約ができます。

また、シドニーにあるタロンガ動物園などの人気のテーマパークの入場チケットが2つ以上のテーマパークとのコンボチケットフェリーとのコンボチケットとしてシドニーを訪れるまでに購入ができます。

エクスペリエンスOZシドニー人気アトラクションパス

シドニーにはタロンガ動物園を始め、シーライフ・シドニー水族館、ワイルドライフ・シドニー動物園、シドニータワー・アイ、マダム・タッソーという蝋人形館、そしてマンリーにあるマンリー・シーライフ・サンクチュアリ-が人気のテーマパークと言われるところです。それぞれ一つの入場券も現地で購入できますが、いくつかのテーマパークとコンボで購入すると割引があります。これらのコンボチケットは有効期間が使い始めから3か月などです。

エクスペリエンスOZシドニーコアラと一緒に朝食

(エクスペリエンスOZのシドニーページで見つけた面白そうなツアーがこのコアラと一緒に朝ごはんです。ワイルドライフ・シドニー動物園で土曜日と日曜日にだけ行われているようですが、AM07:30からの朝食とコアラとの写真も撮れるツアーですが、人気が高そうなのでこういうツアーを事前に予約できるのはお得にもなるでしょう。)

またシドニー・ハーバーで行われているクルーズもランチクルーズ、ディナークルーズディナーショー・クルーズ、そして観光クルーズなど数社が催行している様々なクルーズがこのページで紹介されています。

エクスペリエンスOZシドニーハーバークルーズ

(シドニーハーバーのフェリーも公共のフェリーではなく、キャプテンクッククルーズやシドニーハーバー・エコ・ホッパーなどのクルーズ会社が催行しているフェリーもその乗車券を購入できます。どちらも24時間有効で乗り降り自由なパスとして販売されています。どちらのフェリーもサーキュラキー、ダーリング・ハーバーが乗り場になりますがタロンガ動物園、マンリー、ワトソンズベイなどにも行くことができます。シドニー・ハーバー・エコ・ホッパーの方はタロンガ動物園や他のテーマパークの入場券とのコンボチケットも販売されています。)

このエクスペリエンスOZを利用してシドニー観光を満喫してみてください。

シドニー・ボンダイビーチから歩いてアート観賞

シドニー郊外の人気ビーチ;ボンダイビーチからビーチ巡りができるコースタルウォークで今年もスカルプチャー・バイ・ザ・シーのアート・イベントが行われます。

今年で20回目を迎えるSculpture By The Seaは10月20日から11月6日まで間、ボンダイビーチから海外線沿いに続く遊歩道;コースタルウォークの一部、2km先のタマラマビーチ/Tamarama Beachまでの沿道に100点以上の彫刻、オブジェが展示され、自由に、無料でアート観賞ができる人気イベントです。

シドニーに訪れたら一度は訪れるべき郊外の人気ビーチ、ボンダイビーチで、その海岸線沿いを歩けるこれまたとても人気の遊歩道で行われるこのアート・イベントは必見イベントにもなります。是非10月20日から11月6日の間にシドニーを訪れる予定の方は見に行ってください。

http://sculpturebythesea.com/gallery/
 スカルプチャー・バイ・ザ・シー/Sculpture By The Seaのオフィシャル・サイト
http://sculpturebythesea.com/wp-content/uploads/2015/09/SculpturebytheSea_Map_SEP15-WEB.pdf
スカルプチャー・バイ・ザ・シー、ボンダイビーチからタマラマビーチまでの展示トレイルまでのマップ。ボンダイジャンクション駅からの徒歩での道のり、バス333,380,381のバス停、タマラマビーチに停まるバス361,362のバス停なども分かるマップ)


スカルプチャー・バイ・ザ・シー ボンダイ2015’のタイムラップ・ハイライト・ビデオ