ヴィヴッド・シドニー18年は5月26日から

シドニーのビッグイベントの一つ、ビビッドシドニーが今年は10周年を迎え、5月25日から6月16日にかけて行われます。この光と音の祭典を体感するためのシドニー滞在情報を紹介します。

ヴィヴッド・シドニーの楽しみ方

Vivid Sydneyオフィシャルサイト

10周年を迎える2018年のヴィヴッド・シドニーは5月25日から6月16日にかけてシドニーの中心地などで光と音とアイデアをテーマとした世界中のアーティストたちが表現する芸術作品を体感できる祭典です。特にオペラハウスやハーバーブリッジなどの巨大な公共スペースがその表現の場に使われため無料で体感しに行けることでも知られています。

ヴィヴッド・シドニーのオフィシャルサイトではシドニーのマーテインプレイスなどの中心地を含め、ロックスやダーリングハーバー、ボタニックガーデンなどで行われるイベントの日時と場所などが分かります。

カンタス航空のビビッドシドニ-日本語ページ

カンタス航空が日本語でビビッド・シドニーの紹介をするサイトページです。羽田、関空からビビッド・シドニー期間中にシドニーに行く航空券オンライン予約も併せてできます。

オージーブリーズのシドニーページ

オージーブリーズではシドニーへの個人旅行向けページをシドニー個人旅行ページ、シドニーのホテルとレストランページ、そしてシドニー発着レンタカー周遊ページの3つのサイトページでシドニー滞在を個人旅行でも満喫できるようにしています。

シドニー個人旅行ぺージではビビッドシドニーの期間中特別に行われるシドニーハーバーの遊覧クルーズのオンライン予約なども可能な情報も載せています。

シドニー発着レンタカー周遊ページではシドニーからブルーマウンテンズやハンターバレーへのレンタカーで周遊するための旅行情報を日本語マップと共に掲載しています。

ビビッド・シドニー2017年のハイライト・ビデオ

 

シドニーもホエールウォッチのシーズン始まる

シドニーにこれから訪れるなら是非、ホエールウォッチングのクルーズに出かけてみてください。巨大なクジラが間近に見れるのは冬から春のこれからシーズンです。

シドニーハーバーで遊覧クルーズを行う会社はこの時期からどこもホエールウォッチのクルーズを行い始めます。今年は5月20日からシーズンを始める会社が多く、10月末から11月にかけてまで各社この観覧クルーズを行います。

毎年5月ぐらいからたくさんのクジラが出産と子育ての為に南極洋からオーストラリアの沿岸を北上していきます。シドニーもその道のり途中になっていて、出産を終えたらまた南下するときにはこのシドニー沖を通過することになり、だから5月から11月ぐらいまではシドニ-の沿岸ではクジラが見られる時期にもなります。

見られるクジラは主にザトウクジラ:Humpbacks Whale とミナミセミクジラ;Southern Right whaleとなりますがこれ以外のクジラの種類も見られることがあるということです。ザトウクジラはシドニー沖に5月から8月にかけて北上していき、ミナミセミクジラは7月から9月ぐらいに現れるということです。そして8月から12月にかけてはどちらの種類もシドニー沖を子クジラとともにゆっくりと南下していくのです。ミナミセミクジラは特にシドニー湾の中まで入ってくることが2012年以降頻繁に確認されています。どちらも大人サイズは15m前後となって、この巨大な体が海面をジャンプしたり、深く潜って行く際の尾びれを振り上げる姿は感動の一瞬になるでしょう。是非観覧クルーズに乗って自らビデオやカメラに納めてみてください。

シドニーホエールウォッチングクルーズ

Wotif経由でシドニーハーバーのホエールウォッチクルーズを予約できます。2時間45分のクルーズで大人$65、子供$45になってます。

(5月15日に撮られたシドニーホエールウォッチングクルーズでのザトウクジラ。これを見たらやはりその目で見たくなるでしょう。)