パースにキャセイパシフィック航空なら5万円で行ける


キャセイパシフィック航空が11月1日以降の料金を改定したことによりオーストラリアへの特にパースには格安で往復できます。サーチャージなどを除くパースへの往復運賃が5万円からとなっています。

パースにキャセイパシフィック航空利用で東京、関空、名古屋、福岡、札幌、沖縄、徳島から格安チケット、最短時間で行ける

キャセイパシフィック航空の新しい料金は11月1日以降の出発でその予約時の空席状況から料金が決まるシステムで、全てオンライン画面で確認しながら予約ができます。

キャセイパシフィック航空パースへ5万円

その新しい料金では東京、名古屋、福岡、札幌、そして沖縄からパースへの往復エコノミーチケット料金が5万円から、関空と徳島からなら53000円からのチケットをゲットできます。残念ながらこの料金には燃油サーチャージや諸税が含まれないので日本から香港、そして香港とパース間の追加チャージ合計が39000円ほどとなるので5万円が89410円ほどになるのですが、それでもこの料金で西オーストラリアまで往復できるのは格安と言えるでしょう。

また、キャセイパシフィック航空を使えばパースまで香港での同日乗り継ぎも可能でカンタス航空やJAL利用のシドニーやブリスベン経由などより最短時間で往復が可能です。特に羽田、成田、関空からはキャセイパシフィックは毎日複数便が定期就航されているし、香港/パース間も毎日2往復の定期便があるので東京/パース間を13時間ほどで移動が可能です。

但し、この日本と香港間の定期便が複数あることからチケット料金もさすがに変化します。人気の特にビジネスなどで使われやすい便はなかなか格安のチケットなる空席が見つからないでしょう。けれど予約画面では非常にわかりやすく希望便を選択できるので検索だけでも覗いてみる価値は絶対にあります。

キャセイパシフィック航空パース往復便選択

パースとパースから南へと旅行するなら11月から3月がベストシーズン

パースへ個人旅行で行くならオージーブリーズのパース個人手配旅行ページを参考にしてください。パース市内の観光やロットネス島、フリーマントルへの行き方、そして郊外のビーチ巡りからレンタカーで日帰りが可能なピナクルズやスワンバレーのワイナリーなどの観光情報が分かります。

オージーブリーズパースへの個人手配旅行ページ

パースを出発、そして帰着場所としてマーガレットリバーなどのパースから南へとレンタカーやキャンピングカーで周遊するなら11月から3月ぐらいがベストシーズンです。オージーブリーズのパースから南へ、マーガレットリバー、エスペランス、ウェイブロックをレンタカーで大周遊ページには7日から2週間ほどかけて周遊するモデルドライブコースを日本語マップと共にそれぞれの見どころ、必見観光スポットの情報をまとめて紹介しています。

オージーブリーズパースから南へレンタカー周遊ページ

パース空港から格安レンタカーを車種別料金を比較して日本語でオンライン予約するならRentalcars.com利用がお勧め。

パースの格安レンタカーを日本語オンライン予約