オーストラリアのレンタルキャンピングカー営業日で知るベストシーズン

オーストラリアへの観光、レンタカー周遊にベストシーズンを知るのにレンタルキャンピングカー会社の営業日を見たらよく分かります。

オーストラリア大手レンタルキャンピングカーの営業時間、営業日

オーストラリアは大きな大陸なので観光シーズンが北部と南部、そして中央部などでは全くと言っていいぐらい違います。そこで、レンタカー会社なら年中オープンされているけど観光シーズン中に多くの個人旅行者が利用することになるキャンピングカーの会社ならその営業日が季節により違っているので、それを知れば一年の中でいつが観光や周遊にもベストな時期であるかが分かります。

5月から10月がベストシーズンなオーストラリア観光地

オーストラリアの全国で営業所を持つアポロ・モーターホーム、もしくはブリッツ・キャンパーバンの営業時間で5月から10月には毎日オープンされているのがやはりオーストラリア北部にあたるケアンズ、ダーウィン、アリススプリング、そして西オーストラリアのブルーム

このうちダーウィン、アリススプリングス、ブルームは季節的にも雨季、もしくは利用者が少なくなるので12月から3月は営業所自体が閉鎖となります。観光にもエアーズロックを含めてノーザンテリトリーや西オーストラリアの北の方はあまりいい時期ではないようです。

9月から3月がベストシーズンになるオーストラリア観光地

大手キャンピングカー営業所が9月から3月は毎日オープンとなるのはシドニー、メルボルン、タスマニアのホバート、そして西オーストラリアのパースです。このうちシドニー、メルボルン、パースはやはり大都市観光地でもあるので年中営業所はオープンされているけど5月から8月にかけてのオーストラリアの秋から冬にかけては日曜日が定休日になるようです。

しかしタスマニアは冬の間はさすがに観光シーズンとは言えずホバートのレンタル・キャンピングカー事務所も6月~8月は閉鎖もしくは日曜日が定休になるようです。

年中キャンピングカーもレンタル可能で観光ベストシーズンが続く観光地

オーストラリアの東海岸の中央部は年中温暖であるため観光にも一年を通して適したところということからブリスベンやゴールドコーストの大手レンタルキャンピングカー営業所も一年中定休日は日曜日だけとなってます。

オーストラリアをレンタルキャンピングカーで周遊するのに役立つオンライン予約サイト

DriveNowキャンピングカーはオーストラリア主要観光地からキャンピングカーをレンタルする際に特に役立つお勧めのサイトです。

今年からオーストラリア大手レンタルキャンピングカー会社のアポロモーターホームも選択肢に加わり、ブリッツやマウイと共に現地のキャンピングカー会社であるCampermanやCruisin,そしてTravellers Autobarnなども車種別に料金を比較してからオンライン予約ができます。

そして、DriveNowの検索システムを使えばキャンピングカーをピックアップする日、もしくは返却する日が定休日や閉鎖されているとその検索結果に表示がされるのでレンタル可能な日程も決めやすくなります。

オーストラリアをキャンピングカーで周遊するモデルコース、観光スポットが分かるオージーブリーズのサイトぺージ

オージーブリーズではレンタルキャンピングカーで周遊観光するためのモデルコースや日本語マップ、お勧めホリデーパークなどをそれぞれのページで紹介してます。

ケアンズ発着レンタカー周遊ページ
ケアンズからポートダグラスやアサートンテーブルランド、ディンツリー国立公園、そしてミッションビーチまで周遊するのに役立つ観光情報ページです。

ゴールドコースト発着レンタカー周遊ページ
ゴールドコースト、もしくはブリスベンからキャンピングカーをレンタルしてゴールドコーストのビーチ巡りやテーマパーク巡り、内陸のタンボリンマウンテン、ラミントン国立公園、スプリングブルック国立公園などを観光するのに役立つページです。

シドニー発着レンタカー観光ページ
シドニーからブルーマウンテンズ、ハンターバレー、そしてポートスティーブンスをレンタカーで周遊してシドニーへと戻ってくる6日間モデルスケジュールなどを日本語マップと共に紹介しています。

メルボルン発着レンタカー周遊ページ
メルボルンからキャンピングカーを利用して4日間から10日間かけて周遊するための旅行計画が立てられるページです。ヤラバレー、ダンデノン丘陵、フィリップ島、モーニントン半島と行ったメルボルン郊外へのドライブやグレートオーシャンロードとグランピアンズ国立公園を一度に周回するモデルコースなどが分かります。

エアーズロック個人旅行ページ
エアーズロックだけを観光する情報以外にアリススプリングスを起点にしてエアーズロックやキングスキャニオンを含めたレッド・センター・ウェイというドライブルートを4WD車で周遊するための旅行情報を満載しています。

カカドゥ国立公園ドライブ観光ページ
ダーウィンを発着地としてレンタカー、キャンピングカーでカカドゥ国立公園、キャサリン渓谷、リッチフィールド国立公園などに加えてマタランカも周遊する為の旅行情報を満載しています。特にカカドゥなどにあるキャンピンググランドやホリデーパークの情報も日本語マップと共に分かります。

タスマニアのホバート発着周遊ページとタスマニア東海岸と中央部をレンタカー周遊するためのページ

タスマニア島をキャンピングカーで周遊するためのページは2つ公開しています。ホバート発着周遊ページではホバートの観光はもちろんのことマウントフィールド国立、ケープ・ホイでの半日ウォーキングの情報も含めてます。

またタスマニア東海岸と中央部のレンタカー周遊ページではクレイドルマウンテンやフレシネ国立公園でのウォーキングを楽しみながらレンタカーで周遊するプランが立てられるようにしています。

パース、ピナクルズ個人旅行ページ
パースの観光情報以外にパースからピナクルズやスワンバレー、ウェイブロックやロッキンハムまでレンタカーで周遊するための情報を掲載してます。

パース発着ワイルドフラワーレンタカー周遊ページ
毎年7月から9月ぐらいに見ごろを迎えるパース北部にあたるエバーラスティング街道をレンタカー、キャンピングカーで巡る旅行情報を載せています。小さな町のホリデーパークの所在まで分かります。

パースから北へブルームまでのレンタカー旅行ページ
パースを出発して北に向けコーラルコーストにあたるカルバニー、モンキーマイア、そしてエクスマウスまでの7日間スケジュールとブルームを中心としてカリジニ国立公園もキャンピングカーで周遊できる旅行情報を満載しているページです。

パース発着で南へ周回するレンタカー旅行ページ
パースから南へマーガレットリバー、アルバニーへと向かい、エスペランスまで行ってからウエーブロックを経由してからパースへと戻ってくる周遊コースを日本語マップと共に観光スポットやホリデーパーク、キャンピンググランドまで分かるページです。

 

エアーズロック、カカドゥをキャンピングカーで旅行するイメージビデオ

エアーズロックやカカドゥ国立公園をレンタルキャンピングカーで周遊するイメージが湧くビデオを5つ選んで紹介します。

エアーズロック、カカドゥ国立公園をキャンピングカーで周遊するベストシーズンがやってきます。

エアーズロックやカカドゥ国立公園のあるノーザンテリトリーは5月ぐらいから10月ぐらいまでが乾季にあたりキャンピングカーでも周遊するにはいいシーズンになります。ビデオはその乾季にダーウィンやアリススプリングスを起点にしてレンタルキャンピングカーでカップルで、子供連れでも、シニアカップルでも周遊が楽しめる様子が分かります。

ダーウィンからマタランカ、エアーズロック経由アリススプリングスまでハイエースキャンピングカーで

子供連れでカカドゥ、リッチフィールド国立公園を大型キャンピングカーで周遊

4WDランドクルーザー・キャンピングカー利用カカドゥ、リッチフィールド国立公園+キャサリンを一人旅での周遊

カップルがカカドゥ、リッチフィールド国立公園をハイエースキャンピングカーで周遊

Apolloキャピングカーの4WD車でエアーズロックからウェストマクドネル国立公園への4WD道路を通る様子と4WDキャンピングカーの仕様が分かるプロモーションビデオ

ダーウィンやアリススプリングスを起点としてキャンピングカーをレンタルする場合にDriveNowを利用すれば車種別の料金を比較してからオンライン予約ができます。

ノーザンテリトリーでのレンタルキャンピングカーの大手はBritzとApollo社でそれぞれ車種のブランドでBritzはMauiとMightyがあり、Apolloは廉価版でCheap Campaがある。それぞれダーウィン空港とアリススプリングス空港近くにオフィスがあるので片道乗り捨てレンタルも可能。また5月以降10月までは毎日営業されている。

ダーウィン発着でキャンピングカーを検索、オンライン予約するならDriveNowを利用がお勧め

アリススプリングス発でエアーズロックやキングスキャニオンを周遊するのに4WDのキャンピングカーも選択肢にあるDriveNowを利用するのがお勧めです。

また、オージーブリーズのカカドゥ国立公園レンタカー周遊ページエアーズロックレンタカー周遊ページではそれぞれキャンピングカー利用で周遊するのに必要なキャンピンググランドの場所やホリデーパーク、お勧め周遊モデルルートなどの旅行情報を満載してます。

 

カカドゥ国立公園レンタカー周遊計画に役立つ日本語情報

カカドゥ国立公園をレンタカーやキャンピングカーで周遊する旅行計画に役立つ日本語情報サイトを紹介します。

オーストラリアのアウトバックである中央北部地区も5月ぐらいから観光シーズン、いわゆる乾季を迎えます。10月ぐらいまでの時期にはダーウィン発着でカカドゥ国立公園やキャサリン渓谷、リッチフィールド国立公園にレンタカーでも観光周遊する人がたくさんやってきます。

ノーザンテリトリーのオフィシャル観光局のサイト

まず、このオーストラリアのノーザンテリトリーのオフィシャル観光局のサイトーページが一部日本語表示されていて、これを見ればノーザンテリトリーの観光に必要な情報が全て分かると思います。ただ、ノーザンテリトリー地区の観光局なのでエアーズロックやアリススプリングスまでも含まれ、詳しいところまでは完璧には日本語化されていないのですが画像と共に観光イメージは広がると思います。

オージーブリーズのカカドゥ国立公園レンタカー周遊ぺージ

オージーブリーズのカカドゥ国立公園レンタカー周遊ぺージとダーウィン個人旅行ページは日本からダーウィン発着でレンタカー周遊する人向けに様々な旅行情報を満載しています。見どころ観光スポットの情報を始め、特にレンタカーやキャンピングカーで個人旅行をする人向けのカカドゥ国立公園やキャサリン、マタランカ、リッチフィールド国立公園にあるホテル、モーテル、ホリデーパーク、そしてキャンプ・グランドまでも分かるようにしています。

オージーブリーズ作成カカドゥ,ネイチャーズウェイ・レンタカー周遊マップ

また、カカドゥ国立公園とキャサリン渓谷、リッチフィールド国立公園を周回するモデルドライブコースであるネイチャーズ・ウェイ;Nature’s Wayに加えて天然温泉であるマタランカの情報も加えた日本語マップをオージーブリーズは公開しています。

ダーウィン行格安航空券検索

カカドゥ国立公園やリッチフィールド国立公園をレンタカーで周遊しようとするとダーウィンを発着点とすれば最小日数で観光ができると思いますが、そのダーウィンまで日本からは直行便が出ていません。そのダーウィンまでの格安航空券、最短時間で往復できる航空会社はカンタス航空利用のブリスベン経由、もしくはシンガポール航空でシンガポール経由、そしてフィリピン航空利用のマニラ経由が一般的です。これらダーウィン行き格安航空券の検索は楽天トラベルなどのオンライントラベルサイトから探せるでしょう。

楽天トラベルの東京発ダーウィン行航空券の検索ぺージ

ダーウィン発着格安レンタカー日本語検索&予約

そしてダーウィン空港から現地のレンタカーを日本語で検索、そしてオンライン予約できるRentalCar.comを利用すれば格安のレンタカーやSUVのレンタカーも車種別に料金比較後予約ができます。

ダーウィン発着レンタルキャンピングカー検索

キャンピングカーでもカカドゥ国立公園やネイチャーズウェイをドライブ観光ができます。特に乾季を迎える5月から10月までは大手キャンピングカー会社のダーウィン事務所も毎日営業することになり、そのBritzやApoloなどのレンタル・キャンピングカー会社ではランドクルーザーなどの大型4WD車を改良してテントもついている車種までも選べたりします。英語サイトですが、それらダーウィンにあるレンタルキャンピングカー会社の車種別料金を比較してからオンライン予約できるDriveNow Campervanがお勧めのサイトになります。

 

オーストラリアの空港にあるレンタカー会社

オーストラリアへの個人旅行でレンタカーを利用するのが増大中だけど、オーストラリアの主な空港からレンタカーして、また空港で返却が非常に便利です。その空港にあるレンタカー会社をまとめてみた。

 オーストラリアの空港にある大手レンタカー会社

オーストラリアの主な観光地の空港にあるレンタカー会社はやはり世界的にも大手となるレンタカー会社が空港ビル内に貸し出し&返却カウンターを持っています。このレンタカー会社なら飛行機が到着する時間にカウンターに受付の人がいたり、夜中や早朝に返却する際も空港ビルに隣接する駐車場にレンタカーを停めてカウンターに鍵を返却するだけという非常にスムーズに旅行を進めることができます。

オーストラリアのこれまでの主なレンタカー会社は6社、エイビス;Avis、バジェット;Budget、ハーツ;Hertz、ヨーロップカー;Europcar、スリフティー;Thrifty、そしてレッドスポット;Redspotとなります。これらの大手は飛行場の国際線でも国内線でも大体荷物を受け取るBaggage Claimの近くにカウンターがあります。

(ゴールドコースト空港のレンタカー会社のカウンター)

オーストラリアの空港に新規参入しているレンタカー会社

オーストラリアの空港にあるレンタカー受付カウンターの看板が最近様変わりしてきています。大手6社の看板に新規参入してきたレンタカー会社のロゴが加えられるようになっています。

まずオーストラリアで育って大手レンタカー会社になったRedspotが2015年にアメリカ最大のレンタカーグループ;エンタープライズ・ホールディングのオセアニア地区の販売代理店になったことからこれまでのRedspotのカウンターにはエンタープライズ・レンタカーのロゴが加えられるようになってます。このレンタカーグループにはやはりアメリカなどで人気のAlamoやNationalといったレンタカー会社も傘下にある為このアラモやナショナルのロゴもRedspotの受付カウンターに見られるようになってます。

だから、レンタカー予約サイトでAlamoやEnterpriseのレンタカーを予約しても、そのレンタカーの受付カウンターはRedspotの受け付けカウンターと同じと言いうことになります。

(ホバート空港のレッドスポット受付カウンターはenterpriseと同じカウンター、看板の隅には同系列のNationalとAlamoのロゴも見れます。)

また、大手レンタカー会社も最近は格安ブランドを加えたり、レンタカー会社自体が統合されていたりします。AvisとBudgetは大型資本提携となって、空港内のカウンターなどは両社が一つのカウンターを共用するようになっています。またハーツは2013年から格安ブランドとしてFireflyを始め、最近オセアニア地区にも進出してきてます。だからハーツの受付カウンターにはFireflyのロゴ看板が片隅に掲げられたりしてます。これもレンタカー予約サイトでFireflyのレンタカーを予約してもそのカギを受け取ったり、返却の時はHertzのカウンターで行うことになります。

オーストラリアの格安レンタカーをオンライン予約

オーストラリアを個人旅行で観光、および周遊するならレンタカー利用がお勧めですが、格安レンタカーを見つける際にこの空港に受付カウンターがあるレンタカー会社にするか、空港ビルから離れたところにあるレンタカー会社を選ぶかをまず考えましょう。

格安レンタカーを提供するのはやはり空港ビル内に受付カウンターや専用駐車場を持たない現地のレンタカー会社です。オーストラリア国内に支店を持つ代表的なところではイーストコースト・カーレンタル;Eastcoast Car Rentals、エース・レンタルカー;Ace Rental Cars、バーゲン・カーレンタル;Bargain Car Rentals、アルファー;Alpha などになります。

これらの格安レンタカー会社を利用する際はやはりその受付カウンター、事務所が飛行場には無いということを注意していたほうがいいでしょう。どの格安レンタカー会社も事務所と空港の間を無料送迎シャトルを利用できたりします。けれど、その事務所が開いている時間が問題です。無料シャトルはオープン時間にしか利用できないことはもちろんのこと、早朝や夜間は事務所自体閉店になっているのが普通で、貸し出しや返却が出来ないと思った方が良いでしょう。実際は鍵を受け取ったり、返却するボックスなどが用意されてたりするのだけど、それを英語で説明されても分からなかったり、まして空港/事務所間をタクシーなどで移動する手間と時間が必要になります。また、無料シャトルも普通空港到着後TELなどで連絡することになるので、その際に英語での対応が難しいと考える人には空港にカウンターのあるレンタカー会社を選ぶ方が無難だと思います。

レンタルカードットコムでオーストラリアの格安レンタカーをオンライン日本語予約

オーストラリアの格安レンタカーをオンライン予約するには日本語で検索ができ、車種別に最安値を比較してから予約が可能なRentalcars.comがお勧め。

CarTrawlerのレンタカー予約エンジンを利用してもオーストラリアのレンタカー会社の最安値料金を車種別に比較後日本語でオンライン予約ができます。

CarTrawlerのレンタカー検索システムは世界中の大手旅行会社(Hotels.com)や飛行機会社(エミレーツやKLMなど多数)で使われている安心システムです。モバイル用のリンクを利用して日本語でオーストラリアの格安レンタカーをオンライン予約ができます。

 

シンガポール航空セール利用でパース、ダーウィンがお得です。

シンガポール航空が日本就航50周年記念セールを行ってます。その中でオーストラリア行きが更なる特典もついてお得、まして観光には季節の良くなる、そして日本からだとシンガポール航空利用が断然便利なパースやダーウィンなどへのチケットがもっとお得になってます。

シンガポール航空の日本就航50周年記念セールの特別オーストラリアキャンペーンページ

シンガポール航空の日本就航50周年記念セールは3月31日までの販売期間でオーストラリアへの出発日も2月26日からゴールデンウィークとお盆の期間を除く9月30日までという長期間の設定になってます。この旅行期間も他の方面より長い期間設定になってます。

シンガポール航空は羽田便はもちろんのこと関空、名古屋、福岡、そして広島からもシンガポールまでの定期便を就航させていますが、このセールではこの羽田以外からオーストラリアへ向かうにはお得なキャンペーンになってると思います。そして季節的にはオーストラリアの秋から冬に向かう時期なので、特に西オーストラリアのパースから北の地域へ、また、ノーザンテリトリーのダーウィンへと向かうには特にお得なものになるでしょう。このパース、ダーウィンへと行くにはカンタス航空やジェットスターを利用するより日本からだとこのシンガポール航空かキャセイパシフィック航空を利用するのが乗継時間や日本との就航便の数を考えると断然楽に、そして格安になる飛行機会社です。

このシンガポール航空のオーストラリア・セールではこれまた関空や名古屋、福岡などから出発する方が羽田発より安く関空発のパース行は74510円~となってます。そして広島発着となるともっとお安くなってオーストラリアのどこの空港にも6万円台で往復できる料金設定になってます。

この機会にオーストラリアでもあまり行くことができないダーウィンやパースを目指してみる計画を立て見ませんか?

オージーブリーズでは西オーストラリアへの個人旅行にはパースへの個人旅行情報ページパースから北へとレンタカー周遊する旅行情報ページを、そしてノーザンテリトリーではダーウィンへの個人旅行ページダーウィン発着でカカドゥ国立公園やリッチフィールド国立公園もレンタカーで周遊する旅行情報ページがあります。

オージーブリーズのパースから北へのレンタカー周遊情報ぺージ

オージーブリーズのダーウィン発着カカドゥ、リッチフィールド国立公園レンタカー周遊情報ページ

 

オーストラリア行きシンガポール航空の18年セール

オーストラリアの18年秋から初春にかけてのシンガポール航空の大セールが始まってます。1月18日までの期間限定セールです。特典もたんまりゲットできます。

シンガポール航空を使ってオーストラリアの人気観光地9か所へ格安で、快適に個人旅行を計画して見ませんか?オーストラリアにシンガポール航空を使えばシンガポールでの乗り継ぎ1回だけで済むのでオーストラリアへの直行便の出ていない名古屋や福岡、そして広島からの旅行には便利に使えます。また成田や関空からでもパースや季節が丁度よくなるダーウィンへの旅行を考えるならシンガポール航空利用がお勧めです。

今回のシンガポール航空のセール期間は1月18日まで、お早目にご決断を!!

お勧めの発着空港と格安セール料金
成田からパースへ;69480円~、メルボルンへ;69910円~、ダーウィンへ;70480円~
関空からパースへ;74910円~、メルボルンへ;75340円~、ダーウィンへ;75910円~
名古屋からパースへ;74440円~、メルボルンへ;74870円~、ダーウィンへ;75440円~
福岡からシドニーへ;745204円~、メルボルンへ;73270円~、ケアンズへ;74150円~

 

オーストラリアへ格安、最短、最小乗継で行けるお勧めフライト

オーストラリアに東京、大阪、名古屋、福岡の日本各地の空港から格安で、最短時間で、そして最小乗継時間で行けるお勧めのフライトをまとめてみました。これからオーストラリアへ個人旅行で行く計画を立てる際の参考にしてください。

日本から直行便が出ているケアンズ、ゴールドコースト、シドニー、メルボルンはもちろんのこと、乗り継ぎが必要なパースやダーウィンへの最安で最適の航空券がゲットできるフライトと直行便が出ていない大阪や名古屋や福岡からもオーストラリアへ個人旅行で行く際の参考になるでしょう。

ケアンズへのお勧めフライト
東京からはジェットスター、日本航空が共同運航で成田発着の直行便を就航
大阪からはジェットスター、日本航空が共同運航で関空発着の直行便を就航
名古屋からは日本航空を利用して成田経由、またキャセイパシフィック航空で香港経由でケアンズまで往復可能。そしてシンガポール航空利用でのシンガポール経由でもケアンズに往復可能。
福岡からは名古屋発着同様、日本航空を利用して成田経由、キャセイパシフィック航空で香港経由でケアンズまで往復可能。そしてシンガポール航空利用でのシンガポール経由でもケアンズに往復可能。

ゴールドコーストへのお勧めフライト
東京からはジェットスター、日本航空が共同運航で成田発着の直行便を就航
大阪からはジェットスターもしくは日本航空を利用して関空発着で成田もしくはケアンズ経由で往復可能。
名古屋または福岡発着では、ジェットスターもしくは日本航空を利用して成田経由が最適&お勧め

シドニーへのお勧めフライト
東京羽田からはカンタス航空と全日空が直行便を就航。また成田発着では日本航空が直行便を就航している。
大阪からはカンタス航空が期間限定、週3便だけど12月14日から18年の3月24日まで関空発着で直行便を就航。また全日空利用すれば羽田経由でシドニー往復が可能。そして関空発着で大韓航空、キャセイパシフィック航空を利用すればそれぞれソウル、もしくは香港で乗継ぎ一回でシドニー往復可能。
名古屋、福岡発着では日本航空を利用して成田経由、またカンタス航空を利用するには羽田までジェットスター国内線などで移動後シドニー往復が可能。また大阪発着と同様、大韓航空又はキャセイパシフィック航空を利用すればそれぞれソウル、もしくは香港で乗継ぎ一回でシドニー往復可能。

メルボルンへのお勧めフライト
東京成田発着でカンタス航空と日本航空がそれぞれ直行便を就航。
大阪からはジェットスターとカンタス航空を組み合わせてケアンズ、又は成田経由1回でメルボルン往復可能。また日本航空利用だと伊丹もしくは関空発着成田経由でメルボルン往復が可能。そして関空発着でキャセイパシフィック航空を利用すれば香港で乗継ぎ一回で毎日メルボルン往復可能。
名古屋、福岡発着では日本航空を利用して成田経由、またカンタス航空を利用するには成田までジェットスター国内線で移動後メルボルン往復が可能。またキャセイパシフィック航空を利用すれば香港で乗継ぎ一回でメルボルン往復可能。

パースへのお勧めフライト
パースには日本から直行便は就航されてないのでどこかで乗り継がなければならないけど以下のフライトパターンがお勧めです。

東京からは成田もしくは羽田発着のカンタス航空を利用すればブリスベン又はメルボルン、またシドニー乗継でパースに往復可能。キャセイパシフィック航空を利用すれば羽田発着香港で乗継ぎ一回で毎日パース往復可能。そしてシンガポール航空でも羽田発着シンガポール経由で毎日パースへの往復が可能。
大阪からはカンタス航空利用では、成田もしくは羽田経由そしてブリスベン又はメルボルン、またシドニー乗継でパースに往復可能。最善はシンガポール航空利用で関空発着シンガポール経由で毎日パースへの往復が可能。またタイ航空、キャセイパシフィック航空を利用すればそれぞれバンコク、もしくは香港で乗継ぎ一回でパース往復可能。
名古屋、福岡発着でもシンガポール航空利用が最善。シンガポール経由で毎日パースへの往復が可能。またカンタス航空利用では、成田もしくは羽田経由そしてブリスベン又はメルボルン、またシドニー乗継でパースに往復が可能になる。そしてタイ航空、キャセイパシフィック航空を利用すればそれぞれバンコク、もしくは香港で乗継ぎ一回でパース往復可能。

ダーウィンへのお勧めフライト
ダーウィンにも日本からの直行便は無いので乗継便でダーウィンを往復します。

東京からは成田発着のカンタス航空を利用すればブリスベン経由でダーウィンに往復が可能。またシンガポール航空利用では羽田発着シンガポール経由でダーウィンへの往復が可能。そしてフィリピン航空利用でも羽田発着が可能で、マニラ経由でダーウィンへの往復が可能になります。
大阪そして名古屋、福岡発着ではカンタス航空利用を利用する場合、成田まで国内移動後ブリスベン経由でダーウィンに最短で往復が可能。またシンガポール航空、フィリピン航空を利用すればそれぞれシンガポール、もしくはマニラで乗継ぎ一回でダーウィンへ往復が格安で可能です。

オージーブリーズでは各方面別ページ上にお勧めフライトの詳細とオンライン予約が可能なページへとリンクを張っています。

ジェットスターやカンタス航空を利用する場合は直接オフィシャル日本のサイトページからオンライン予約が可能ですが、オーストラリアのオンライン旅行会社最大のWotifからも日本/オーストラリアの航空券を購入できます。さすがにオーストラリアの飛行機会社であるカンタスやジェットスターのチケットは日本販売よりも安いものが見つかります。

またキャセイパシフィック航空や日本航空、大韓航空、そしてフィリピン航空などの航空券をオンラインで検索&予約するには楽天トラベル利用もお勧めです。

シンガポール航空利用するときは3か月おきぐらいでキャンペーンを行っているので、その際にオフィシャルページから直接予約&購入するのがお勧めになります。

 

パース,ケアンズ行きシンガポール航空のキャンペーンセール

パース、ケアンズ、ダーウィンへの格安航空券がシンガポール航空にてキャンペーンセールで販売されてます。9月24日までの期間限定です。

シンガポール航空を使えばオーストラリアにシンガポールでの経由だけで日本の地方都市からでも往復することができます。人気の観光地であるパース、ケアンズ、ダーウィンに来年2018年の3月29日までに行くことを計画される方はこのキャンペーンを見逃さないほうがいいですよ。

シンガポール航空だと羽田はもとより関空、名古屋、福岡に加えてこのキャンペーンでも広島発着も可能です。料金には燃油サーチャージが追加されることのない表示価格のまま購入でき、行き帰りにストップオーバーとしてシンガポールでの1泊が無料で含まれている料金でもあります。

ケアンズやダーウィンは11月以降雨季に入ってしまいますが、パースは市内近郊から南部のマーガレットリバーやエスペランスにかけての海岸部は絶好のビーチ・シーズンに入ります。是非このチャンスに西オーストラリアを周遊してみませんか?

シンガポール航空の9月24日までの期間限定オーストラリア人気都市へのキャンペーンセール・オフィシャルページ

 

オーストラリア行き格安航空券をオーストラリアの会社で検索、予約

日本からオーストラリアへ往復する航空券をオーストラリアの旅行会社で検索すると格安チケットが見つかります。カンタス航空、ジェットスターなどはさすがにオーストラリアの旅行会社の方が安いみたいです。

オーストラリアでのオンライン旅行会社ではWotifが最大になっていますが、そのWotifでの航空券検索、料金比較を行ってみると日本の海外チケット販売サイトやエクスぺディア・日本サイト、HISなどを含めた旅行会社の価格より安いことが分かりました。

Wotifのサイトは日本語対応にはなってなくて、英語表示で、オーストラリアドルでの料金表示ですが、諸費税も込みの料金を表示してくれます。その料金を見る限りは大きな違いとまではいかないまでも、さすがにオーストラリアの会社であるカンタス航空、ジェットスターは同じ路線を飛んでいるJALや全日空よりは確かに格安となります。また中国南方航空やLLCでも羽田発着があるエアーアジアXなどはもっと格安となります。

英語での検索、予約画面表示で、Eチケットも英語だけの表記となりますが、日本発着でオーストラリアへの格安航空券を探す際にはこのWotifを見てみることをお勧めします。


オーストラリア最大のオンライン旅行会社Wotifでオーストラリア行き航空券を検索、予約できます

Wotifで東京・ケアンズの航空券を検索してみると、直行便として就航しているジェットスターが最安値で見つかります。この料金は日本のジェットスターより安く、日本のオンライン航空券販売会社(Denaなど)より安い価格です。

次にWotifで羽田/シドニーの直行便を検索してみると、カンタス便がさすがに最安値で見つかります。同じ路線を就航しているJALはやはり日本の航空券サイト(サプライスやエクスぺディア・日本、HISなど)が安いのですが、全日空はあまり価格差はありません。ちなみに、成田発着でケアンズでの1回経由のシドニー往復でよければジェットスターがカンタスよりすごく安くなってます。

Wotifでは複数の観光地を訪れる航空券の検索もできます。ハミルトン島へ行くには日本からだとブリスベンを経由して単純往復するチケットが最安値で出てくると思うのですが、日本からのハミルトン島へ行く人の一般的パターンとしてハミルトン島を訪れた後、シドニーも訪れる周遊タイプの航空券も検索できます。その検索日程はまず、東京/ケアンズを第一Flightとして、Flight2はケアンズ/ハミルトン島(HTI),そしてハミルトン島滞在後シドニーへの航空券としてFlight3、シドニーで滞在後の東京への帰路便としてFlight4に日付も入れて検索するとその時点での最安値で、予約ができるチケットが表示されます。このパターンは日本から直行便が出てなくて、帰路途中で乗継ついでにシドニーやケアンズ、ブリスベンで滞在する日を入れるようなエアーズロックやダーウィンへと周遊旅行を計画するときにも使える検索方法です。

シンガポール航空のオーストラリアセール、8月15日まで

オーストラリアへの9月、10月、11月に行くことを考えている方は今、就航70周年を迎えるシンガポール航空が記念セールを8月15日まで行ってます。これを機会にパースやダーウィンに行ってみることをお勧めします。

シンガポール航空の70周年記念セールは12月5日までの出発にあたるチケットが対象となってますが、東京からシドニー往復は67.680円~、東京からメルボルン往復は66.440円~となってます。東京からだとカンタスや全日空も選択肢として考えられますが、大阪や名古屋、福岡の人ならやっぱりシンガポール航空を使ってオーストラリアへ向かうことも考えた方が良いでしょう。

特にこの9月から11月までの旅行期間で訪れてベストとなるのがパースを含めたウエストオーストラリアです。また10月までならシンガポール航空が日本から最短で往復することのできるダーウィンへと向かうのもお勧めのシーズンになります。このシンガポール航空のキャンペーンはこちらから