オーストラリアの空港からレンタカーが8月30日まで20%オフ

オーストラリアの主な空港にカウンターがあるスリフティーレンタカーが8月30日までのピックアップならレンタル料金が20%オフのセールを行ってます。

オーストラリアを空港からスリフティーレンタカーで出発して、空港に返却する周遊個人旅行を楽しんでみて下さい。

スリフティー/Thriftyの受付カウンターがあって8月のレンタカー周遊にお勧めの旅行先であるオーストラリア国内空港は、

ケアンズ (Cairns / CNS)

ゴールドコースト(Gold Coast/ OOL)

ブリスベン(Brisbane/ BNE)

シドニー(Sydney/ SYD)

メルボルン(Melbourne /MEL )

パース(Perth/ PER)

ブルーム(Broome/ BME )

ダーウィン(Darwin/ DRW)

エアーズロック(Ayers Rock/ AYQ)

アリススプリングス(Alice Springs/ ASP)

ケアンズ空港スリフティーレンタカー8月セール

 

関空発SQのメルボルン,シドニー行きセールが7月31日まで

シンガポール航空がオーストラリアの夏の観光シーズンである11月から3月のシドニー行き、又はメルボルン行きの関空発着限定でセールを7月31日までやってます。この機会に関西からメルボルン、シドニーへ行く旅行計画を立てませんか?

シンガポール乗り継ぎ1回でメルボルン、シドニーへ関空発着で行けるシンガポール航空がセール

関空発のシンガポール航空は10月28日から3月30日までの間、毎日2便がシンガポールまで直行便を就航させます。そしてシンガポールからシドニー、メルボルンは毎日5便がそれぞれの都市へ直行便が往復しています。だからシンガポールでの乗継もスムーズ。もちろんこのシンガポールで行き帰りにストップオーバーもいいかもしれません。

この関空発限定、そしてメルボルン、シドニーまでの格安航空券セールは7月31日までシンガポール航空のオフィシャルサイトページで行ってます。

メルボルンでの個人旅行計画にオージーブリーズのメルボルン周遊ページが役立ちます。

メルボルン空港から格安レンタカーを日本語で検索しながらオンライン予約するならRentalcars.com利用がお勧め

 

オーストラリアのレンタルキャンピングカー営業日で知るベストシーズン

オーストラリアへの観光、レンタカー周遊にベストシーズンを知るのにレンタルキャンピングカー会社の営業日を見たらよく分かります。

オーストラリア大手レンタルキャンピングカーの営業時間、営業日

オーストラリアは大きな大陸なので観光シーズンが北部と南部、そして中央部などでは全くと言っていいぐらい違います。そこで、レンタカー会社なら年中オープンされているけど観光シーズン中に多くの個人旅行者が利用することになるキャンピングカーの会社ならその営業日が季節により違っているので、それを知れば一年の中でいつが観光や周遊にもベストな時期であるかが分かります。

5月から10月がベストシーズンなオーストラリア観光地

オーストラリアの全国で営業所を持つアポロ・モーターホーム、もしくはブリッツ・キャンパーバンの営業時間で5月から10月には毎日オープンされているのがやはりオーストラリア北部にあたるケアンズ、ダーウィン、アリススプリング、そして西オーストラリアのブルーム

このうちダーウィン、アリススプリングス、ブルームは季節的にも雨季、もしくは利用者が少なくなるので12月から3月は営業所自体が閉鎖となります。観光にもエアーズロックを含めてノーザンテリトリーや西オーストラリアの北の方はあまりいい時期ではないようです。

9月から3月がベストシーズンになるオーストラリア観光地

大手キャンピングカー営業所が9月から3月は毎日オープンとなるのはシドニー、メルボルン、タスマニアのホバート、そして西オーストラリアのパースです。このうちシドニー、メルボルン、パースはやはり大都市観光地でもあるので年中営業所はオープンされているけど5月から8月にかけてのオーストラリアの秋から冬にかけては日曜日が定休日になるようです。

しかしタスマニアは冬の間はさすがに観光シーズンとは言えずホバートのレンタル・キャンピングカー事務所も6月~8月は閉鎖もしくは日曜日が定休になるようです。

年中キャンピングカーもレンタル可能で観光ベストシーズンが続く観光地

オーストラリアの東海岸の中央部は年中温暖であるため観光にも一年を通して適したところということからブリスベンやゴールドコーストの大手レンタルキャンピングカー営業所も一年中定休日は日曜日だけとなってます。

オーストラリアをレンタルキャンピングカーで周遊するのに役立つオンライン予約サイト

DriveNowキャンピングカーはオーストラリア主要観光地からキャンピングカーをレンタルする際に特に役立つお勧めのサイトです。

今年からオーストラリア大手レンタルキャンピングカー会社のアポロモーターホームも選択肢に加わり、ブリッツやマウイと共に現地のキャンピングカー会社であるCampermanやCruisin,そしてTravellers Autobarnなども車種別に料金を比較してからオンライン予約ができます。

そして、DriveNowの検索システムを使えばキャンピングカーをピックアップする日、もしくは返却する日が定休日や閉鎖されているとその検索結果に表示がされるのでレンタル可能な日程も決めやすくなります。

オーストラリアをキャンピングカーで周遊するモデルコース、観光スポットが分かるオージーブリーズのサイトぺージ

オージーブリーズではレンタルキャンピングカーで周遊観光するためのモデルコースや日本語マップ、お勧めホリデーパークなどをそれぞれのページで紹介してます。

ケアンズ発着レンタカー周遊ページ
ケアンズからポートダグラスやアサートンテーブルランド、ディンツリー国立公園、そしてミッションビーチまで周遊するのに役立つ観光情報ページです。

ゴールドコースト発着レンタカー周遊ページ
ゴールドコースト、もしくはブリスベンからキャンピングカーをレンタルしてゴールドコーストのビーチ巡りやテーマパーク巡り、内陸のタンボリンマウンテン、ラミントン国立公園、スプリングブルック国立公園などを観光するのに役立つページです。

シドニー発着レンタカー観光ページ
シドニーからブルーマウンテンズ、ハンターバレー、そしてポートスティーブンスをレンタカーで周遊してシドニーへと戻ってくる6日間モデルスケジュールなどを日本語マップと共に紹介しています。

メルボルン発着レンタカー周遊ページ
メルボルンからキャンピングカーを利用して4日間から10日間かけて周遊するための旅行計画が立てられるページです。ヤラバレー、ダンデノン丘陵、フィリップ島、モーニントン半島と行ったメルボルン郊外へのドライブやグレートオーシャンロードとグランピアンズ国立公園を一度に周回するモデルコースなどが分かります。

エアーズロック個人旅行ページ
エアーズロックだけを観光する情報以外にアリススプリングスを起点にしてエアーズロックやキングスキャニオンを含めたレッド・センター・ウェイというドライブルートを4WD車で周遊するための旅行情報を満載しています。

カカドゥ国立公園ドライブ観光ページ
ダーウィンを発着地としてレンタカー、キャンピングカーでカカドゥ国立公園、キャサリン渓谷、リッチフィールド国立公園などに加えてマタランカも周遊する為の旅行情報を満載しています。特にカカドゥなどにあるキャンピンググランドやホリデーパークの情報も日本語マップと共に分かります。

タスマニアのホバート発着周遊ページとタスマニア東海岸と中央部をレンタカー周遊するためのページ

タスマニア島をキャンピングカーで周遊するためのページは2つ公開しています。ホバート発着周遊ページではホバートの観光はもちろんのことマウントフィールド国立、ケープ・ホイでの半日ウォーキングの情報も含めてます。

またタスマニア東海岸と中央部のレンタカー周遊ページではクレイドルマウンテンやフレシネ国立公園でのウォーキングを楽しみながらレンタカーで周遊するプランが立てられるようにしています。

パース、ピナクルズ個人旅行ページ
パースの観光情報以外にパースからピナクルズやスワンバレー、ウェイブロックやロッキンハムまでレンタカーで周遊するための情報を掲載してます。

パース発着ワイルドフラワーレンタカー周遊ページ
毎年7月から9月ぐらいに見ごろを迎えるパース北部にあたるエバーラスティング街道をレンタカー、キャンピングカーで巡る旅行情報を載せています。小さな町のホリデーパークの所在まで分かります。

パースから北へブルームまでのレンタカー旅行ページ
パースを出発して北に向けコーラルコーストにあたるカルバニー、モンキーマイア、そしてエクスマウスまでの7日間スケジュールとブルームを中心としてカリジニ国立公園もキャンピングカーで周遊できる旅行情報を満載しているページです。

パース発着で南へ周回するレンタカー旅行ページ
パースから南へマーガレットリバー、アルバニーへと向かい、エスペランスまで行ってからウエーブロックを経由してからパースへと戻ってくる周遊コースを日本語マップと共に観光スポットやホリデーパーク、キャンピンググランドまで分かるページです。

 

ヴィヴッド・シドニー18年は5月26日から

シドニーのビッグイベントの一つ、ビビッドシドニーが今年は10周年を迎え、5月25日から6月16日にかけて行われます。この光と音の祭典を体感するためのシドニー滞在情報を紹介します。

ヴィヴッド・シドニーの楽しみ方

Vivid Sydneyオフィシャルサイト

10周年を迎える2018年のヴィヴッド・シドニーは5月25日から6月16日にかけてシドニーの中心地などで光と音とアイデアをテーマとした世界中のアーティストたちが表現する芸術作品を体感できる祭典です。特にオペラハウスやハーバーブリッジなどの巨大な公共スペースがその表現の場に使われため無料で体感しに行けることでも知られています。

ヴィヴッド・シドニーのオフィシャルサイトではシドニーのマーテインプレイスなどの中心地を含め、ロックスやダーリングハーバー、ボタニックガーデンなどで行われるイベントの日時と場所などが分かります。

カンタス航空のビビッドシドニ-日本語ページ

カンタス航空が日本語でビビッド・シドニーの紹介をするサイトページです。羽田、関空からビビッド・シドニー期間中にシドニーに行く航空券オンライン予約も併せてできます。

オージーブリーズのシドニーページ

オージーブリーズではシドニーへの個人旅行向けページをシドニー個人旅行ページ、シドニーのホテルとレストランページ、そしてシドニー発着レンタカー周遊ページの3つのサイトページでシドニー滞在を個人旅行でも満喫できるようにしています。

シドニー個人旅行ぺージではビビッドシドニーの期間中特別に行われるシドニーハーバーの遊覧クルーズのオンライン予約なども可能な情報も載せています。

シドニー発着レンタカー周遊ページではシドニーからブルーマウンテンズやハンターバレーへのレンタカーで周遊するための旅行情報を日本語マップと共に掲載しています。

ビビッド・シドニー2017年のハイライト・ビデオ

 

オーストラリアの空港にあるレンタカー会社

オーストラリアへの個人旅行でレンタカーを利用するのが増大中だけど、オーストラリアの主な空港からレンタカーして、また空港で返却が非常に便利です。その空港にあるレンタカー会社をまとめてみた。

 オーストラリアの空港にある大手レンタカー会社

オーストラリアの主な観光地の空港にあるレンタカー会社はやはり世界的にも大手となるレンタカー会社が空港ビル内に貸し出し&返却カウンターを持っています。このレンタカー会社なら飛行機が到着する時間にカウンターに受付の人がいたり、夜中や早朝に返却する際も空港ビルに隣接する駐車場にレンタカーを停めてカウンターに鍵を返却するだけという非常にスムーズに旅行を進めることができます。

オーストラリアのこれまでの主なレンタカー会社は6社、エイビス;Avis、バジェット;Budget、ハーツ;Hertz、ヨーロップカー;Europcar、スリフティー;Thrifty、そしてレッドスポット;Redspotとなります。これらの大手は飛行場の国際線でも国内線でも大体荷物を受け取るBaggage Claimの近くにカウンターがあります。

(ゴールドコースト空港のレンタカー会社のカウンター)

オーストラリアの空港に新規参入しているレンタカー会社

オーストラリアの空港にあるレンタカー受付カウンターの看板が最近様変わりしてきています。大手6社の看板に新規参入してきたレンタカー会社のロゴが加えられるようになっています。

まずオーストラリアで育って大手レンタカー会社になったRedspotが2015年にアメリカ最大のレンタカーグループ;エンタープライズ・ホールディングのオセアニア地区の販売代理店になったことからこれまでのRedspotのカウンターにはエンタープライズ・レンタカーのロゴが加えられるようになってます。このレンタカーグループにはやはりアメリカなどで人気のAlamoやNationalといったレンタカー会社も傘下にある為このアラモやナショナルのロゴもRedspotの受付カウンターに見られるようになってます。

だから、レンタカー予約サイトでAlamoやEnterpriseのレンタカーを予約しても、そのレンタカーの受付カウンターはRedspotの受け付けカウンターと同じと言いうことになります。

(ホバート空港のレッドスポット受付カウンターはenterpriseと同じカウンター、看板の隅には同系列のNationalとAlamoのロゴも見れます。)

また、大手レンタカー会社も最近は格安ブランドを加えたり、レンタカー会社自体が統合されていたりします。AvisとBudgetは大型資本提携となって、空港内のカウンターなどは両社が一つのカウンターを共用するようになっています。またハーツは2013年から格安ブランドとしてFireflyを始め、最近オセアニア地区にも進出してきてます。だからハーツの受付カウンターにはFireflyのロゴ看板が片隅に掲げられたりしてます。これもレンタカー予約サイトでFireflyのレンタカーを予約してもそのカギを受け取ったり、返却の時はHertzのカウンターで行うことになります。

オーストラリアの格安レンタカーをオンライン予約

オーストラリアを個人旅行で観光、および周遊するならレンタカー利用がお勧めですが、格安レンタカーを見つける際にこの空港に受付カウンターがあるレンタカー会社にするか、空港ビルから離れたところにあるレンタカー会社を選ぶかをまず考えましょう。

格安レンタカーを提供するのはやはり空港ビル内に受付カウンターや専用駐車場を持たない現地のレンタカー会社です。オーストラリア国内に支店を持つ代表的なところではイーストコースト・カーレンタル;Eastcoast Car Rentals、エース・レンタルカー;Ace Rental Cars、バーゲン・カーレンタル;Bargain Car Rentals、アルファー;Alpha などになります。

これらの格安レンタカー会社を利用する際はやはりその受付カウンター、事務所が飛行場には無いということを注意していたほうがいいでしょう。どの格安レンタカー会社も事務所と空港の間を無料送迎シャトルを利用できたりします。けれど、その事務所が開いている時間が問題です。無料シャトルはオープン時間にしか利用できないことはもちろんのこと、早朝や夜間は事務所自体閉店になっているのが普通で、貸し出しや返却が出来ないと思った方が良いでしょう。実際は鍵を受け取ったり、返却するボックスなどが用意されてたりするのだけど、それを英語で説明されても分からなかったり、まして空港/事務所間をタクシーなどで移動する手間と時間が必要になります。また、無料シャトルも普通空港到着後TELなどで連絡することになるので、その際に英語での対応が難しいと考える人には空港にカウンターのあるレンタカー会社を選ぶ方が無難だと思います。

レンタルカードットコムでオーストラリアの格安レンタカーをオンライン日本語予約

オーストラリアの格安レンタカーをオンライン予約するには日本語で検索ができ、車種別に最安値を比較してから予約が可能なRentalcars.comがお勧め。

CarTrawlerのレンタカー予約エンジンを利用してもオーストラリアのレンタカー会社の最安値料金を車種別に比較後日本語でオンライン予約ができます。

CarTrawlerのレンタカー検索システムは世界中の大手旅行会社(Hotels.com)や飛行機会社(エミレーツやKLMなど多数)で使われている安心システムです。モバイル用のリンクを利用して日本語でオーストラリアの格安レンタカーをオンライン予約ができます。

 

オーストラリアへの直行便はこれだけある。18年3月現在

日本からオーストラリアへ直行便で行ける国際線路線が増えていってます。18年3月現在での成田や羽田、そして関空からオーストラリアへ直行便で行けるフライトをまとめてみました。

オーストラリアへ日本から乗り継ぎが無くてケアンズやシドニーなどを往復できるフライトがここ2-3年でどんどん増えていってるのですが、これは日本からオーストラリアへくる人が多くなってるというのもあるけど、その逆のオーストラリアの人がたんまりと日本へと観光やスキーなどでやってくる需要が増大しているからでしょう。オーストラリアの人も世界中の流れにもれず海外旅行先の話題はここ2~3年東京や京都、大阪などはもとより地獄谷の温泉サルや石垣島などといった日本人でもディープな観光地に興味が集まるようになってます。

そこで、日本からの個人旅行でオーストラアリアへ直行でやって来れる都市はシドニー、ケアンズ、メルボルン、ブリスベン、ゴールドコーストの5都市となり、日本からは昨年から関空/シドニー間が加わりましたが、羽田と成田がやはり主流の3つの空港からとなります。飛行機会社はカンタス航空とジェットスターのオーストラリア勢と日本サイドは全日空とJALになります。

ケアンズへの直行便(18年4月でのスケジュール)

ジェットスターが成田発着で毎日就航
成田発 PM20:10//ケアンズ着 AM04:40
ケアンズ発 PM12:15//成田着 PM18:45

ジェットスターが関空発着で毎日就航
関空発 PM20:55//ケアンズ着 AM05:15
ケアンズ発 PM13:00//関空着 PM19:30

シドニーへの直行便(18年4月でのスケジュール)

カンタス航空が羽田発着で毎日就航
羽田発 PM22:00//シドニー着 AM09:25
シドニー発 PM20:45//羽田着 AM05:15

全日空が羽田発着で毎日就航
羽田発 PM22:00//シドニー着 AM09:35
シドニー発 PM21:30//羽田着 AM05:05

日本航空が成田発着で毎日就航
成田発 PM18:55//シドニー着 AM06:40
シドニー発 AM09:15//成田着 PM17:00

カンタス航空が関西空港からシドニーへ月,水,土就航
関空発 PM20:40//シドニー着 AM07:30
シドニー発 AM10:15//関空着 PM19:10

メルボルンへの直行便(18年4月でのスケジュール)

カンタス航空が成田発着で毎日就航
成田発 PM20:05//メルボルン着 AM07:45
メルボルン発 AM09:35//成田着 PM18:35

日本航空が成田発着で毎日就航
成田発 AM10:35//メルボルン着 PM21:55
メルボルン発 AM00:35//成田着 AM08:35

ゴールドコーストへの直行便(18年4月でのスケジュール)

ジェットスターが成田発着で毎日就航
成田発 PM21:05//ゴールドコースト着 AM06:55
ゴールドコースト発 AM10:45//成田着 PM18:55

ブリスベンへの直行便(18年4月でのスケジュール)

カンタス航空が成田発着で毎日就航
成田発 PM19:55//ブリスベン着 AM05:55
ブリスベン発 AM09:35//成田着 PM17:55

カンタス航空の日本とオーストラリア直行路線マップ。カンタス航空利用ならブリスベン、シドニー、メルボルン経由で同日にハミルトン島やエアーズロック、パースやタスマニアなどの観光地に乗り継ぎが可能です。

ケアンズ発着レンタルキャンピングカーが早割セール中

ケアンズ発、又はケアンズ着でオーストラリア東海岸を縦断してブリスベン、又はシドニー着発での片道レンタルキャンピングカーが限定期間でのセールを行っています。

オーストラリアの大手レンタル・キャンピングカーの最安値を料金比較、車種も比較しながらオンライン予約が可能なドライブ・ナウ・キャンパーバンではケアンズ発でブリスベン、シドニー、そしてメルボルンへの片道レンタルのセールを行っていて20%オフのディスカウント価格のレンタルを受けることができます。また逆コースであるブリスベン又はシドニーからケアンズを目指す片道レンタルも10月以降11月30日までのレンタル期間中なら20%オフの早割価格になってます。

ケアンズ発ブリスベン、シドニーへの片道レンタルキャンピングカー20%オフセールの場合、
セール期間=5月31日まで
レンタル期間=18’1月1日から8月31日までの最小7日間以上20日間以内
セール対象キャンピングカーブランド=ブリッツ/Britz
詳細、オンライン予約はこちらから

ブリスベン、シドニー発ケアンズへの片道レンタルキャンピングカー20%オフセールの場合、
セール期間=5月31日まで
レンタル期間=18’10月1日から11月30日まで
セール対象キャンピングカーブランド=マウイ/Maui
詳細、オンライン予約はこちらから

オージーブリーズのケアンズレンタカー周遊ページではケアンズとケアンズ郊外(ミッション・ビーチなども含む)へのレンタカー、キャンピングカーで周遊するための旅行情報を満載掲載しています。キャンピングカー旅行に便利で人気のホリデーパーク情報も分かります。3月以降は雨季も終わってキャンピングカー旅行にも最適な時期になります。

オージーブリーズのブリスベンページではキャンピングカーやレンタカーの空港周辺、又はブリスベン市内の事務所所在地も分かります。

 

シドニーの大晦日花火をライブストリームで見る

シドニーの17年大晦日花火をライブストリームで見てみませんか?日本にいながら今や世界的なビッグイベントにもなっているシドニー・ハーバーでの大晦日の花火をオフィシャルサイトやフェイスブックを通して見ることができます。

一生に一度はその目で見てみたいシドニーのニューイヤーイブ・花火。今年はそこに行けない方、これまでにそこで見たことのある方も今年は画面でライブ映像を見てみませんか?画面を通してみるとしっかりと空撮を含めていろいろな角度からの花火を見ることができるでしょう。

実際シドニーのニュー・イヤー・イブ・花火はファミリー向けにPM9時からとAM0時からの2回打ち上げられます。PM9時からの花火はおよそ8分ほど続きます。そこから12時までの間もシドニーハーバーでは様々なイベントが行われて、盛り上がって行くのですが、00時の花火はおよそ12分間続きます。ハーバーブリッジから打ち上げられるのはもちろんのことオペラハウスから、そして海上に浮かぶ専用筏の7か所からも盛大に打ち上げられます。その様子を画面を通してライブで楽しんでみて下さい。

シドニー・ニュー・イヤー・イブ・オフィシャルサイトからライブストリームで見るならこちらから

ABC放送のファイスブックからでもシドニー・ニューイヤーイブ花火がライブストリームで見ることができます。

シドニー/関空カンタス直行便は週3便

シドニーへの関空発着直行便をカンタス空港は12月14日から就航させますが、週に3便を活用してシドニー滞在5日間とかタスマニア周遊8日間、シドニーとエアーズロック周遊8日間などの個人自由旅行を計画してみてください。

カンタス航空によるシドニー/関西空港間の直行便のスケジュールは3月24日までは月、木、土曜日の発着、3月26日以降は月、水、土曜日の週3便になります。関空からシドニーへの往路便は夜行便になるので出発日翌日の朝からオーストラリア滞在が始まり、関空への帰路便は日中便になる為シドニーだけの滞在は最低1泊2日から可能です。

1泊2日ではあまりにも観光などには短すぎるオーストラリア滞在になるのでせめて機内1泊シドニーに3泊の5日間、もしくは機内1泊+シドニー4泊の6日間での個人旅行が考えられるでしょう。

また、シドニーに朝到着後オーストラリア国内各地への国内線に乗り継いで関空出発後次の日にはエアーズロックやタスマニアのホバートなどに到着することが可能になります。このような周遊型個人旅行では機内1泊オーストラリアで6泊の8日間オーストラリア個人旅行がお勧めになります。

関西や名古屋、中国地方の方もこのカンタス航空の関空/シドニー便を利用してオーストラリア個人旅行をうまく計画してみて下さい。

オージーブリーズではシドニー滞在シドニーからレンタカーでブルーマウンテンやハンターバレーを周遊する個人旅行情報、またエアーズロックへの個人旅行情報、タスマニアではホバートを中心とした旅行情報ページタスマニアの東海岸と中央部をレンタカーで周遊する旅行情報ページを公開しています。是非関空からのオーストラリア個人旅行に活用ください。

 

オーストラリアのクリスマスの日はお休みの日

オーストラリアでクリスマスの日を迎える人はお店やレストラン、観光スポットがお休みになる日だということに注意していたほうが良いでしょう。

オーストラリアの観光地で12月25日;クリスマスの日を迎える予定の方は夕食を取るにも、観光に出かけるにも、ショッピングに出かけるにも難しい日になることに注意して事前準備をしていたほうが良いでしょう。その日はホテルでのんびり過ごすか、クリスマスの日でも催行されているランチ付の日帰りツアーなどを見つけて参加していた方がいいかもしれません。

オーストラリアでは祝日として最も大切な日がクリスマスの日=12月25日になり、この日だけはお休みになったり、営業が行われなかったり、オープンしていない日となるのがほとんどで、それがレストランであったり、ショッピングセンターやスーパーマーケットも含まれます。また観光地のテーマパークや人気の現地アクティビティーも一年の中でこの日だけはお休みといった日になります。

レンタカーやキャンピングカーのオフィスもクリスマスの日は営業していなかったり、時間が制限されている場合があるので事前にチェックが必要です。

人気のレストランでもクリスマスの日はお休みになります。開いていたりしてもこの日は特別セットメニューとなって事前予約が必要(この予約がまた込み合う)といったところが大半になります。ホテルのレストランぐらいしか夕食を取れるところが見つからないかもしれません。シドニーのドイルス・シーフードレストランもクリスマスの日はお休み。

ケアンズのクリスマスの日も人気現地アクティビティーやツアーが営業や催行していない日になります。キュランダ観光鉄道やスカイ・レイル、パロネラパークなどは12月25日はお休みです。ただグリーン島にはフェリーも出ています。それぞれの催行されているかどうかはホームページなどで事前チェックが必要でしょう。

大型ショッピングセンターやスーパーマーケットでさえクリスマスの日はオープンしてないのが普通です。ましてビールやワインなどのアルコール類もクリスマスの日は販売が禁止されています。だから12月25日の食事のために24日までに買い込んでおく必要があります。但し、翌日の12月26日;Boxing Dayは一年の中で最大のバーゲンの日になりショッピングセンターなどは大賑わいになります。