バイロンベイをレンタカーで周遊するための観光情報ぺージ

バイロンベイにレンタカーで訪れて観光、滞在を満喫するための日本語ページをオージーブリーズに掲載しました。日本語マップと共にバイロンベイを満喫してみて下さい。

サーフビーチ、オーストラリア最東端の場所、ヨガ、オーガニック、などの言葉で表されるビーチリゾートのバイロンベイ;Byron Bayはゴールドコーストから日帰りツアーなどでよく行かれる場所としても知られています。日本からの観光ツアー旅行者が訪れることはあまりないのですが、バックパッカーや特別な憧れを持つ人には以前からかなり知られたビーチ・リゾートです。世界中からのバックパッカーもAUSの東海岸を縦断する際には必ず立ち寄る町としても知れ渡っています。

このバイロンベイへ日帰りではなく、レンタカーで訪れて滞在しながら周遊するために必要な観光情報をまとめたページをオージブリーズの一ページとして開設しました。バイロンベイの必見6大見どころスポット、格安で口コミ評価の高いアコモデーション、人気のレストランなどがこのページから分かります。

オージーブリーズバイロンベイページバイロンベイをレンタカーで訪れて満喫するための日本語観光情報ぺージ;http://ozbreeze.net/ByronBay/ByronBayRentalCarTrip.html

バイロンベイの見どころ
1.サーフビーチ
のんびりとでき、遊泳も可能なビーチ;メインビーチ/Main Beach, タロウ・ビーチ/Tallow Beach,ビロンギル・ビーチ/Belongil Beach
サーファーが憧れるサーフブレイクポイント;ザ・パス/The Pass, ザ・レック/The Wreck,ワテゴス・ビーチ/Wategos Beach,コージー・コーナー/Cosy Corner

バイロンベイメインビーチ

2.ケープバイロン灯台
オーストラリアで最も東であるボードもある写真映えする灯台。バイロンベイはオーストラリアで朝日を一番最初に拝める場所でもあります。見下ろす海岸線にはイルカの群れが見れるときもあり、5~10月にはザトウクジラが通過する姿が見られる。

バイロンベイ最東端ポイント

3.ヨガ
オーストラリアのヨガの聖地としてバイロンベイは知られる。町の中でカジュアル・ビジターとしてヨガクラスに参加できる場所もある、また週末の3日間やバイロンベイ滞在中の4日間から8日間の間に受けられるヨガ&ヘルスリトリートコースなども行われている。
Byron Yoga Centre (Byron Street Studio)
Beachside Yoga & Massage (Byron Bay Surf Club 2F)
バイロンベイでのヨガと言えばこちら;Byron Yoga Retreat Centre

4.オーガニック
バイロンベイにはオーガニックな食材、新鮮でヘルシーな食材を使ったカフェやレストランが多数あり、これがまた大人気。郊外にはオーガニックな畜産、栽培を行う牧場があり、ここは牧場見学ツアーも行われている。子供たちも牧場体験ができる。
また、毎週木曜日に行われる青空マーケットも観光滞在中に訪れるには最適なスポットとなってます。

5.ニンビン
オーストラリアのヒッピー・カルチャーの村として有名なニンビン;Nimbin。バイロンベイからレンタカーだと日帰りで観光するにはとてもいい場所になってます。

またバイロンベイには格安に泊まれる素敵なアコモデーションも数多く、その中でオージーブリーズではB&Bを3件、典型的な昔のビーチハウスを改装して快適に滞在できるゲストハウスを3件(この3件はどれも子供の滞在は受け付けない大人だけのリトリートと謳ってます。)、またキャンピングカーが主流だけど、レンタカー利用者にも勧められるホリデーパークを4か所紹介してます。これらのホリデーパークはビーチフロントにあったりしてロケーションも抜群ですが、地元オージーの家族連れ行楽客には非常に人気があるので事前予約がシーズン中は難しく、また3泊や5泊以上でなければ予約できないところになります。けれどバイロンベイでこそこんなホリデーパークに宿泊すればオージー流ホリデーが満喫できます。

バイロンベイCavvanbah Beach Houseベッド&ブレックファースト(バイロンベイでは口コミ評価が高いビーチハウスで、B&BでもあるCavvanbah Beach Houseなど素敵な隠れ家的アコモデーションが揃ってます。)

バイロンベイNorth Coast HP Clarks Parkバイロンベイにはビーチフロントなどのロケーションも抜群のホリデーパークも数多くあります。写真はメインビーチからケープバイロン灯台近いNorth Coast Holiday Parks Clarkes Beach

バイロンベイ観光日本語マップ

 

ゴールドコーストからレンタカーでヒンターランドへの行き方

ゴールドコーストからレンタカーやキャンピングカーで、内陸のヒンターランドといわれるタンボリンマウンテンやラミントン国立公園、そしてナチュラルブリッジで有名なスプリングブルック国立公園へと泊りがけで周遊することをお勧めします。

ゴールドコーストをレンタカーで周遊すれば自由な時間を使って郊外にも出かけていくことが可能になりますが、特に日帰りツアーでしか行けないヒンターランドに宿泊しながら訪れたら海岸線のリゾートとは違う高原の亜熱帯雨林の中でのアクティビティーなどを満喫できるでしょう。

オージーブリーズゴールドコーストレンタカー周遊ページオージーブリーズのゴールドコーストをレンタカー利用で周遊するための情報を満載しているサイトページ

レンタカー利用の場合はサーファーズパラダイスはもとより少し郊外に出てブロードビーチなどでキッチン付きで駐車場も確保できるハイライツのサービスアパートメントに滞在することがお勧めになります。

そしてヒンターランドではマウントタンボリンには口コミ評価10点満点のB&Bがあって、カップルや女子旅でもこんなところに泊まりながら周遊するのがお勧め。

タンボリンマウンテンB&B(タンボリンマウンテンにはAmber Lodge Bed and BreakfastAvocado Sunset Bed & Breakfast などの口コミ評価が満点もしくは非常に高評価のB&Bがたくさんあります。子供連れはお断りのB&Bですがカップルや女子旅にはとてもお勧め、こんなところに泊まりながらギャラリー・ウォークやワイナリー、そして土ボタル見学に出かけてみるのもいいのではないでしょうか?)

子供連れでの旅行もレンタカー利用でゴールドコーストをより一層満喫できます。数多いテーマパークへ出かけるのも便利になるし、サーフビーチに沿ってホリデーパークのキッチン付きのキャビンなどに泊まると格安にゴールドコーストの滞在が可能になります。そしてヒンターランドではマウントタンボリンのサンダーバードパーク;Thunderbird Parkやラミントン国立公園内のオライリーズ;O’Reilly’sビナバラ;Binna Borraに宿泊すれば、亜熱帯雨林の中でのブッシュ・ウォーキングやツリートップ・ウォーク、又は自然の野鳥との出会いや満天の星空観賞などが可能になります。

ビナバラマウンテンロッジラミントン国立公園(ラミントン国立公園内にあるBinna Borra Mountain Lodge。こんな山小屋風のロッジに泊まりまりながら周辺の数多いブッシュウォークを歩いてみたり、絶景ポイントであるルックアウト巡りをするのもいいでしょう。このビナバラにはキャンピングカーでも泊まれるパワーサイトの施設も充実してます。)

また、家族旅行や熟年旅行でもキャンピングカーをレンタルしてゴールドコーストのビーチやヒンターランドを周遊することもお勧めです。

ゴールドコーストをレンタカー、キャンピングカーで周遊するために役立つオージーブリーズ作成・グーグル日本語マップ。

 

シドニーお勧めホテルとレストランを紹介するページ

シドニーに個人旅行を考える方に向けてオージーブリーズではシドニーのお勧めホテルとレストランやカフェなどをまとめて紹介するページを新設して公開しました。

シドニーのお勧めホテルと口コミ人気レストラン、カフェガイドページではシドニー市内の4つ星ホテルを10件、スタンダードクラスホテルを8件、ユースホステルなどの格安ホステルを4件、そしてレストランやカフェ、テイクアウェイショップやファーストフード、ラーメン屋まで64店のグルメな飲食店などを紹介しています。その所在地や営業時間も分かる日本語マップも併せて公開しています。このページを参考にしていただいたらシドニーへの個人旅行で朝食からランチ、ディナーに至るまで食事に困ることは無いでしょう。

オージーブリーズシドニーホテル&レストランガイドページ

オージーブリーズのシドニーお勧めホテルとレストラン、カフェガイドページ

シドニーのお勧めホテルでは高級ホテルではなく手の届く範囲の4つ星ホテル、そして立地も良くて、口コミ評価も高い一人旅や女子旅にも使えるスタンダードクラスのホテルを紹介していますが、ユースホステルも含めた格安ホステルも4件紹介しています。この4件のホステルはどこもドミトリーではない個室のシャワールームを持つ部屋をオンライン予約可能なホステルを取り上げています。

ハーバーロックスホテルシドニーMギャラリーシドニーお勧め4つ星ホテルの一つハーバー・ロックス・ホテル・シドニー・Mギャラリーコレクション

イビスシドニーキングスストリートシドニーお勧めのスタンダードクラスホテルの一つ、イビス・シドニー・キングスストリートワーフ

シドニーハーバーユースホステル
シドニーの専用バスルームの個室もオンライン予約可能な格安ホステルの一つ、シドニー・ハーバー・YHA
他の格安ホステルは
ウェイクアップ・シドニー・セントラル
ビッグ・ホステル
シドニー・セントラル・YHA を紹介しています。

レストランでは、Quay Restaurant、The Bridge Room、Sepia Restaurantの3件のようなオーストラリアを代表するような有名レストランを含めて高級レストランを10店紹介していますが、どこも人気があるので事前予約(せめて1か月前ぐらい前までには)が必要になるでしょう。またスマートカジュアル以上のドレスコードで行かれると安心できる食事が楽しめるレストランとなります。この中には日本からの個人旅行者にも人気が高いTetsuya’s Restaurantも含めています。どこもオンラインで予約が可能です。

シドニーのお勧めレストラン64店のうち高級レストランも含みますが、やはりシドニーに行ったら是非行ってほしい、そして今のシドニーでベストと言われるステーキハウスを6店、シーフードレストランを6店も紹介しています。

また一人でも行けて、朝食にも最適なカフェを7店、そしてお気軽に行けて、お手頃価格でグルメが味わえるバッフェレストラン、テイクアウェイ店、ファーストフードのお店も紹介しています。特に日本からの旅行者が立ち寄りやすいショッピングセンター、チャイナタウンの中のフードコートを4件、ラーメン屋も8店、その場所も分かるように紹介しています。

ザ・カット・バーアンドグリルシドニーで本当のステーキを楽しんでください。オーストラリア産のwagyuステーキもきっと美味しく食べれるはずです。

ウェストフィールドフードホールウェストフィールドなどの市内のショッピングビルの中にはグルメなお店が集まるフードコートがあります。チャイナタウンの中のフードコートもお気軽に、そして低予算でグルメ巡りができるでしょう。

イーストオーシャン飲茶

シドニーはグルメなアジアンフードが集まる町です。本格的な飲茶は外せないランチになるでしょう。また日本でも話題なディン・タイ・フォン、ママック/マレーシア料理やタイ料理のトムヤン・ヌードル、ラクサが人気のテイクアウェイショップまで紹介しています。

ウルムルーウォーターフロントレストラン

シドニーのお勧めレストランガイドページからはウォーター・フロントのレストランや人気の観光地にもなるダーリングハーバーやサリーヒルズにあるレストラン、カフェなども分かります。あまりガイドブックには出てこないけど地元のシドニー・ローカルには人気のお食事処のウルムルーやポッツポイントのレストランなども紹介しています。


(オージーブリーズ作成、シドニーのお勧めホテル、レストラン、カフェ日本語マップ

ゴールドコーストのレンタカー,キャンピングカー利用にお勧めのキャンプ場

ゴールドコーストをレンタカーで周遊するのを計画されるときは、その宿泊先をホテルやアパートメントにするのもいいのですが、是非ホリデーパークに泊まることも考えてみてください。必ずオージー流のホリデーの過ごし方を体感できるはずです。

オーストラリアにはキャンピングカーで家族旅行をするのがホリデーの過ごし方の定番です。その宿泊先として利用されるのがホリデーパークやツーリストパークなどと呼ばれるキャンプ場がどこにでもあります。そのパーク内は基本的にはキャンピングカー用のサイトと呼ばれるキャンピングカーを停車させる場所が区画に分けられてあります。また多くのホリデーパークにはレンタカーで訪れても宿泊ができるキャビン、バンガロー、ビラなどと呼ぶ一戸建てでベッドルームとキッチン、共同利用ではない専用のバスルームも含まれる宿泊場所が併設されています。

このホリデーパークはまた、パーク内に宿泊者が誰でも使えるキッチンやシャワールーム、コインランドリー、BBQ施設などはもちろんのことプールなどの子供たちがそこで一日中でも遊べる施設がそろっていたりします。またゴールコーストなら遊泳可能なビーチが近かったり、パークから歩いて行けるブッシュウォークなどの散策路があったり、そして町の中心からは離れるけど、静かで景色が良い場所などにあるのが大半です。

オージーブリーズのゴールドコーストページではこのゴールドコーストにあるお勧めのホリデーパークを8か所紹介しています。どれに泊まっても気に入ってもらえるでしょう。但し、ゴールドコーストのホリデーパークはどこもそのキャビンやビラに泊まるのは2泊以上からしか予約ができないようです。またその予約をするのもさすがにオージーの家族が主に利用するところなので、子供たちの学校が休みに入る期間はさすがに値段も高くなりますが、予約が込み合うことになります。

オージーブリーズゴールドコーストページ

オージーブリーズのゴールドコーストページでは以下のお勧めホリデーパークを地図と共に紹介しています。そのリンクからオンライン予約もできます。

BIG4 Gold Coast Holiday Park
Treasure Island NRMA Holiday Park
Nobby Beach Holiday Village
Broadwater Tourist Park
Main Beach Tourist Park
Ocean Beach Tourist Park
Burleigh Beach Tourist Park
Tallebudgra Tourist Park

(Treasure Island NRMA Holiday Park;トレジャーアイランド・NRMAホリデーパークのPV.これを見ればこのホリデーパーク滞在だけでゴールドコーストの滞在を満喫できそうなのが分かるでしょう。このホリデーパークはアウトレットショッピングセンターのハーバータウンに徒歩10分のところにあります。)

ダーウィンへの個人旅行はシンガポール航空が便利で格安

オーストラリアのダーウィンに日本から個人旅行で訪れるならシンガポール航空利用が定番で、乗り継ぎもスムーズ、そして格安に行けます。

オーストラリアのトップエンドであるダーウィンへと個人旅行で行くには、日本各地の主要空港から定期便をたくさん就航しているシンガポール航空を使って、シンガポール・ダーウィン間は提携しているシルク航空を利用することのが乗り継ぎもスムーズで快適に日本との往復ができるでしょう。

16年の12月までシンガポール航空はこのダーウィン行の往復チケット販売キャンペーンを行っています。その東京からの往復チケット料金は諸費税込で92390円からとなっています。

http://www.singaporeair.co.jp/australia/darwin/index.html

シンガポール航空日本語サイトのダーウィン観光プロモーションページ

ダーウィンへの観光旅行はやはり乾季の時期が最適。その乾季でも9月から11月の時期が一年の中でも周遊するにも良い時期です。

オージーブリーズのダーウィン観光情報ページでは、個人旅行でダーウィンに訪れる際に必要な旅行素材であるこの航空券の手配から始まって、現地ツアー、そしてダーウィンのホテルはもとより人気の観光地であるカカドゥ国立公園内やリッチフィールド国立公園、キャサリン近郊のホテルの所在地も分かる日本語でのオンライン予約サイトへのリンク、またダーウィン空港発着での格安レンタカーのオンライン予約も可能にしています。ダーウィンへの個人旅行を計画する人は是非活用してください。

http://ozbreeze.web.fc2.com/Darwin/darwinimfo.html

オージー・ブリーズのダーウィン個人旅行情報ページ

家族でケアンズにいこう!!

ケアンズへ家族連れで行きませんか?雨季が終わる4月以降、日本のゴールデンウィークごろはケアンズも過ごしやすい時期を迎え家族連れにも楽しめるアクティビティーと観光が満載になります。

この家族連れでケアンズを楽しむ様子を観光局がプロモーションビデオとして公開していますが、予算をかけたにもかかわらずあまりのもビュー数が少ないと思われるのでここに紹介して少しでもケアンズへの日本人観光客の誘致の手助けとさせていただきます。

ビデオでは家族連れで楽しめるケアンズ観光が盛りだくさん紹介されています。レンタカードライブで訪れるアサートン高原やフィッツロイ島でのシュノーケリング、ブーメラン投げに挑戦したり、熱気球に乗ったり、レインフォレステーションなどのテーマパークに訪れたり、又はケアンズの市内でレンタサイクルを楽しみ、公園でバーベキューランチを楽しむことが日本からの家族連れでも可能なことが分かると思います。

こういった家族連れに人気のケアンズの宿泊施設としてはコンドミニアムタイプのサービスアパートメントが便利ですが、キャンピングカーなどでも泊まれるホリデーパークがオーストラリアでは家族連れの旅行者にはとても人気があります。トリップアドバイザーが今年も恒例の年間通しての口コミ評価で選ぶベストホテルを発表してますが、そのオーストラリア部門で3位にケアンズのココナッツ・ホリデー・リゾートが選ばれています。このホリデーパークはトリップアドバイザーでの口コミ評価では上位の常連なのですが、あまたあるオーストラリア国内のホテルやリゾートの中から3位に選ばれているのはそれなりの価値があるからということが分かるでしょう。

ケアンズに個人旅行で家族連れで行かれる際はパッケージ旅行では決して泊まれないこのようなホリデーパークなんかも宿泊施設の候補として考えてみるのもいいでしょう。

トリップアドバイザーの16年ベストホテル、オーストラリアの中で3位に選ばれたケアンズ・ココナッツ・ホリデー・リゾート。こちらから日本語で最低料金比較から予約までできます