エアーズロックのフィールド・オブ・ライトが2020年12月まで延長

エアーズロック/ウルルでの人気イベントに定着したフィールド・オブ・ライトの開催期間が2020年の12月まで延長されています。期間限定期間にこのビッグイベントは見ておくべきでしょう。

エアーズロックをバックに日の入りから日の出時間まで広大な大地に5万本ものイルミネーションライトが照らし出されるアートワークをその目で見てみませんか?星空と併せてこの人工的な明かりのコラボが壮大な大地に広がる姿は圧巻です。

フィールド・オブ・ライトはツアー形式で見に行けます。エアーズロックリゾートからツアーが毎晩行われていますが、大変人気が高いので事前予約をお勧めします。ツアータイプは$39/大人一人の往復送迎とフィールド内入場だけ(Field Of Light PASS)のものからウルルサンセットビューとフィールド内の特別観覧エリア入場も含めたツアー(Field Of Light Star Pass)やディナー付き( A Night at Field Of Light)  、又はウルルサンライズに合わせたツアー(Sunrise Field Of Light)などがあります。このツアーの事前予約は全てエアーズロックリゾート・オフィシャル・サイトページから可能です。

エアーズロックのフィールド・オブ・ライツ開催期間を2020年12月まで延長を伝えるノーザン・テリトリー観光局のフェイスブックぺージ

 

シドニーの大晦日花火をライブストリームで見る

シドニーの17年大晦日花火をライブストリームで見てみませんか?日本にいながら今や世界的なビッグイベントにもなっているシドニー・ハーバーでの大晦日の花火をオフィシャルサイトやフェイスブックを通して見ることができます。

一生に一度はその目で見てみたいシドニーのニューイヤーイブ・花火。今年はそこに行けない方、これまでにそこで見たことのある方も今年は画面でライブ映像を見てみませんか?画面を通してみるとしっかりと空撮を含めていろいろな角度からの花火を見ることができるでしょう。

実際シドニーのニュー・イヤー・イブ・花火はファミリー向けにPM9時からとAM0時からの2回打ち上げられます。PM9時からの花火はおよそ8分ほど続きます。そこから12時までの間もシドニーハーバーでは様々なイベントが行われて、盛り上がって行くのですが、00時の花火はおよそ12分間続きます。ハーバーブリッジから打ち上げられるのはもちろんのことオペラハウスから、そして海上に浮かぶ専用筏の7か所からも盛大に打ち上げられます。その様子を画面を通してライブで楽しんでみて下さい。

シドニー・ニュー・イヤー・イブ・オフィシャルサイトからライブストリームで見るならこちらから

ABC放送のファイスブックからでもシドニー・ニューイヤーイブ花火がライブストリームで見ることができます。

ゴールドコーストマラソン18’エントリーは12月5日から

ゴールドコーストマラソン2018年のオンラインエントリーが12月5日から始まります。個人旅行でもオフィシャルサイトから日本語エントリーが可能です。

日本人の参加者が多い人気のゴールドコーストマラソン。来年18年は6月30日、7月1日に開催されます。この大会の登録が日本語オフィシャルサイトからオンラインで可能になります。

ゴールドコーストマラソン・オフィシャル日本語フェイスブックページ

毎年ゴールドコーストマラソンの時期はホテルも一杯になります。半年前でもゴールドコースト又はブリスベンへの航空券とサーファーズパラダイスのホテルなどは事前予約をしておくことをお勧めします。

ジェットスターのゴールドコースト行き航空券検索ページ

オージーブリーズのゴールドコースト個人自由旅行ページ

 

オーストラリアのクリスマスの日はお休みの日

オーストラリアでクリスマスの日を迎える人はお店やレストラン、観光スポットがお休みになる日だということに注意していたほうが良いでしょう。

オーストラリアの観光地で12月25日;クリスマスの日を迎える予定の方は夕食を取るにも、観光に出かけるにも、ショッピングに出かけるにも難しい日になることに注意して事前準備をしていたほうが良いでしょう。その日はホテルでのんびり過ごすか、クリスマスの日でも催行されているランチ付の日帰りツアーなどを見つけて参加していた方がいいかもしれません。

オーストラリアでは祝日として最も大切な日がクリスマスの日=12月25日になり、この日だけはお休みになったり、営業が行われなかったり、オープンしていない日となるのがほとんどで、それがレストランであったり、ショッピングセンターやスーパーマーケットも含まれます。また観光地のテーマパークや人気の現地アクティビティーも一年の中でこの日だけはお休みといった日になります。

レンタカーやキャンピングカーのオフィスもクリスマスの日は営業していなかったり、時間が制限されている場合があるので事前にチェックが必要です。

人気のレストランでもクリスマスの日はお休みになります。開いていたりしてもこの日は特別セットメニューとなって事前予約が必要(この予約がまた込み合う)といったところが大半になります。ホテルのレストランぐらいしか夕食を取れるところが見つからないかもしれません。シドニーのドイルス・シーフードレストランもクリスマスの日はお休み。

ケアンズのクリスマスの日も人気現地アクティビティーやツアーが営業や催行していない日になります。キュランダ観光鉄道やスカイ・レイル、パロネラパークなどは12月25日はお休みです。ただグリーン島にはフェリーも出ています。それぞれの催行されているかどうかはホームページなどで事前チェックが必要でしょう。

大型ショッピングセンターやスーパーマーケットでさえクリスマスの日はオープンしてないのが普通です。ましてビールやワインなどのアルコール類もクリスマスの日は販売が禁止されています。だから12月25日の食事のために24日までに買い込んでおく必要があります。但し、翌日の12月26日;Boxing Dayは一年の中で最大のバーゲンの日になりショッピングセンターなどは大賑わいになります。

シドニー・マルディグラ18年は2月16日から3月4日まで

シドニーのビッグイベント;マルディグラの2018年は2月16日から2週間にわたる3月4日まで行われます。最大の見もののパレードは3月3日の土曜日に行われます。

オーストラリアの最大イベントの一つと言っていいシドニー・マルディグラ、2018年で40周年を迎える記念すべき年になります。そのパレードは一度は見に行くべきビッグイベント。

シドニー・マルディグラ・パレードは3月3日土曜日のPM19:45からスタートしてPM23:00まで、場所はハイドパークの南東端のOxford StreetとLiverpool Streetが交差するWhitlam Squareから始まりOxford Streetを東へと向かい途中Flinders Streetに入りMoore Parkまでの1.7kmのルートとなります。シドニー市内中央からでも歩いて行けますが、パレードを見るには沿道の場所取りが必要で、PM18時ぐらいまでには観覧場所を確保するべきです。その夜は観覧者だけでおよそ20万人の人が訪れます。

シドニー・マルディグラ・パレードの公式フェイスブックはコチラ

パースのキングスパーク・フェスティバル2017は9月1日から

今年も西オーストラリアはワイルドフラワーの季節がやってきます。パースでのワイルドフラワー・シーズンの最大のフェスティバルであるキングスパーク・フェスティバルは今年も9月一杯開催されます。

毎年、パースの春を告げる最大ののフェスティバルがこのキングスパーク・フェスティバル。今年も9月1日から9月30日の間、様々なイベントも含めて西オーストラリアで見られるワイルドフラワーがまとめて見れる場所にもなります。

キングスパークフェスティバル・2017のプロモーション・イメージ

キングスパークにはパースの市内からグリーン・CATバスを使えば無料で往復が可能。歩いても片道1.5kmほどの距離です。また、乗り降り自由のパース・エクスプローラー・バスを使うのもいいでしょう。

オージーブリーズのパース観光ページではこのキングスパークへの道のりや観光についても載せています。


2016年のキングスパーク・フェスティバル・プロモーションビデオ

また、パースから郊外へと出ていけば10月ほどまではワイルドフラワーが道沿いにも見られるエバーラスティング街道と呼ばれる場所があります。このレンタカーでパースを発着場所としてワイルドフラワーを見るための周遊についてもオージーブリーズのパース発着ワイルドフラワーレンタカー周遊ページで紹介しています。