エアーズロックのフィールド・オブ・ライトが2020年12月まで延長

エアーズロック/ウルルでの人気イベントに定着したフィールド・オブ・ライトの開催期間が2020年の12月まで延長されています。期間限定期間にこのビッグイベントは見ておくべきでしょう。

エアーズロックをバックに日の入りから日の出時間まで広大な大地に5万本ものイルミネーションライトが照らし出されるアートワークをその目で見てみませんか?星空と併せてこの人工的な明かりのコラボが壮大な大地に広がる姿は圧巻です。

フィールド・オブ・ライトはツアー形式で見に行けます。エアーズロックリゾートからツアーが毎晩行われていますが、大変人気が高いので事前予約をお勧めします。ツアータイプは$39/大人一人の往復送迎とフィールド内入場だけ(Field Of Light PASS)のものからウルルサンセットビューとフィールド内の特別観覧エリア入場も含めたツアー(Field Of Light Star Pass)やディナー付き( A Night at Field Of Light)  、又はウルルサンライズに合わせたツアー(Sunrise Field Of Light)などがあります。このツアーの事前予約は全てエアーズロックリゾート・オフィシャル・サイトページから可能です。

エアーズロックのフィールド・オブ・ライツ開催期間を2020年12月まで延長を伝えるノーザン・テリトリー観光局のフェイスブックぺージ

 

シドニー/関空カンタス直行便は週3便

シドニーへの関空発着直行便をカンタス空港は12月14日から就航させますが、週に3便を活用してシドニー滞在5日間とかタスマニア周遊8日間、シドニーとエアーズロック周遊8日間などの個人自由旅行を計画してみてください。

カンタス航空によるシドニー/関西空港間の直行便のスケジュールは3月24日までは月、木、土曜日の発着、3月26日以降は月、水、土曜日の週3便になります。関空からシドニーへの往路便は夜行便になるので出発日翌日の朝からオーストラリア滞在が始まり、関空への帰路便は日中便になる為シドニーだけの滞在は最低1泊2日から可能です。

1泊2日ではあまりにも観光などには短すぎるオーストラリア滞在になるのでせめて機内1泊シドニーに3泊の5日間、もしくは機内1泊+シドニー4泊の6日間での個人旅行が考えられるでしょう。

また、シドニーに朝到着後オーストラリア国内各地への国内線に乗り継いで関空出発後次の日にはエアーズロックやタスマニアのホバートなどに到着することが可能になります。このような周遊型個人旅行では機内1泊オーストラリアで6泊の8日間オーストラリア個人旅行がお勧めになります。

関西や名古屋、中国地方の方もこのカンタス航空の関空/シドニー便を利用してオーストラリア個人旅行をうまく計画してみて下さい。

オージーブリーズではシドニー滞在シドニーからレンタカーでブルーマウンテンやハンターバレーを周遊する個人旅行情報、またエアーズロックへの個人旅行情報、タスマニアではホバートを中心とした旅行情報ページタスマニアの東海岸と中央部をレンタカーで周遊する旅行情報ページを公開しています。是非関空からのオーストラリア個人旅行に活用ください。

 

エアーズロック登山は2019年10月禁止に

エアーズロック;ウルルに登ることは2019年10月26日以降一切禁止になります。

11月1日にウルル-カタジュタ国立公園が正式にウルルへの登山禁止を発表しました。世界中にこの話題はニュースで知らされました。

2019年10月までにもこれまでと同じく天気や気温などの影響でエアーズロックに登れる日は限られることになります。

エアーズロックへの行き方、お勧め周遊フライトパターン

エアーズロックへケアンズやシドニーも併せて周遊するお勧めのフライトパターンを紹介します。これを参考にエアーズロック観光を個人旅行で実現してみて下さい。

日本からエアーズロックへの直行便は就航されていないので、ケアンズやブリスベン、シドニー又はメルボルン経由が必要になります。またエアーズロックへのそれらの空港から国内線のジェットスターやカンタス航空便を使ってエアーズロック空港へと向かうことになります。

そのことから東京からエアーズロックへの航空券が格安で、所要時間と乗り継ぎ時間そして乗継回数が最小になるお勧めフライトパターンが以下のようになります。

日本からエアーズロックへの往路では
最短時間でのフライトは、成田発国際線をジェットスターとAUS国内線のカンタス航空を利用してケアンズ経由でエアーズロックへと行くフライト
最安値の航空券が見つかるお勧めフライトパターンは、成田発カンタス航空利用でブリスベン又はメルボルン経由+アリススプリングス経由でエアーズロックへ行くフライト

エアーズロックから東京への復路では
最短時間でのフライトは、エアーズロック発AUS国内線をジェットスターと国際線のカンタス航空を利用してメルボルン経由で成田に到着するフライト
最安値の航空券が見つかるお勧めフライトパターンは、エアーズロック発AUS国内線のジェットスターと国際線のカンタス航空利用でメルボルン経由で成田に到着するフライト。もしくは、エアーズロック発AUS国内線ジェットスターと国際線を日本航空利用でシドニー経由の成田到着のフライトとなります。

これらを踏まえて、日本からエアーズロック観光をメインにしたケアンズ、シドニー、メルボルン、そしてハミルトン島を併せて訪問する2~3都市周遊パターンが以下のようになります。これらは主なパッケージ旅行で使われているフライトパターンにもなり、個人旅行でもそれを真似ると最短日数と最少費用でエアーズロックやほかの都市も最大の滞在時間を過ごすことが可能になるでしょう。

以下のエアーズロックと1~2都市周遊モデルパターンは全てカンタス航空とジェットスターを利用することになります。

・成田発エアーズロック2~3泊+ケアンズ1~2泊成田到着
・成田発ケアンズ1~2泊+エアーズロック2~3泊シドニー経由機内泊で羽田到着
・成田発エアーズロック2~3泊+シドニー1~2泊+機内泊で羽田到着
・成田発エアーズロック2~3泊+メルボルン1~2泊で成田到着
・成田発エアーズロック2~3泊+シドニー1~2泊+機内泊で羽田到着
・成田発ケアンズ1~2泊+エアーズロック2~3泊+シドニー1~2泊+機内泊で羽田到着
・成田発メルボルン1~2泊+エアーズロック2~3泊+シドニー1~2泊+機内泊で羽田到着
・成田発メルボルン1~2泊+エアーズロック2~3泊+ケアンズ1~2泊成田到着
羽田発シドニー1~2泊+エアーズロック2~3泊+メルボルン1~2泊で成田到着
・成田発エアーズロック2~3泊+ケアンズ1~2泊+ハミルトン島2泊+機内泊で羽田到着
・成田発ハミルトン島2泊+ケアンズ1~2泊+エアーズロック2~3泊+シドニー泊又は経由+機内泊で羽田到着

そこで、楽天トラベルの海外航空券検索で試しに東京を出発してまずケアンズで2泊、そしてエアーズロックに移動して3泊、その後シドニーで2泊ののち東京へと戻る周遊型航空券を検索してみました。

すると、たくさんの格安フライトパターンが検索結果であらわされるのですが、その中で各都市での最大滞在時間が長くて、エアーズロックでの現地ツアーに参加する時間の都合がよくて、帰りは羽田着のフライトパターンでの航空券は136,890円のものが最適なものでした。

このフライトパターンを選んだ最大の理由はエアーズロックに到着後現地の日本語ガイドが付くパッケージツアーに参加するためです。多くの日本の旅行会社もこの現地ツアーパッケージを使うためにフライトパターンが選ばれています。この日本語ガイド付き現地パッケージツアーは2日間もしくは3日間のパッケージになっていて空港からホテルへの送迎、そして到着日にカタ・ジュタとウルル・サンセット・ツアー、2日目にウルル日の出登山とウォーキング・ツアーが組み込まれているものです。このパッケージに参加するには到着日には必ずエアーズロック空港にPM13:45までに到着する便を選ばなければならないからです。

Viatorではこのエアーズロック現地ツアーを日本からオンライン予約できます。パソコンサイトはこちらスマホサイトはこちらからアクセスできます。

そして、これらのエアーズロックへの行き方から現地でのツアーやエアーズロックリゾートの予約や内容、エアーズロックを含めたレンタカー周遊などの観光情報はオージーブリーズのエアーズロック周遊ページに全て載せています。エアーズロックへの航空券が見つかればそのあとの現地での観光に是非活用してください。

エアーズロックでの現地日本語ツアーをオンライン予約

エアーズロックに個人旅行で行く方でも、日本語ガイドが同行するエアーズロックでの現地ツアーを日本語でオンライン予約できます。

日本からのパッケージ旅行なら現地日本語ガイドが付く現地ツアーは含まれている場合がほとんどですが、オージーブリーズのエアーズロックページから現地大手旅行会社が催行する日本語ツアーをオンライン予約できるようにしました。

エアーズロック・リゾートだけに滞在して、2泊もしくは1泊だけでエアーズロックを出発していくようなオーストラリア周遊旅行を個人自由旅行で計画される方には以下の4つの日本語ツアーから選択して、参加するだけでエアーズロックへの旅行目的はほぼ達成できると思います。

日本語ガイド付きウルル日の出登山とウォーキングツアー
ウルル(エアーズロック)に登ることの許可が出されている日にはあのエアーズロックへの登山に挑むことが可能なツアーです。日本語ガイドがその説明もしてくれます。ツアー自体は日の出90分前にホテル出発。ツアー所要時間は約5時間。まずウルルが日の出と共に姿を現すビューポイントへと立ち寄り、その後エアーズロック登山。もし登山を希望しない方や登山ができない日に当たれば、麓のベース・ウォークを日本語ガイドと共に歩き、ウルル・カタジュタ・カルチャーセンターへの訪問&見学の時間へと振り返られます。$199~
モバイルページはこちらPCページはこちら

カタ・ジュタとウルル・サンセット・オージーバーベキューディナー付きツアー
午後出発ツアー,日の入り4時間前出発,所要約5時間
カタジュタでの日本語ガイド付きウォーク、その後ウルルのサンセット観賞、そして日の入り後ウルルの麓のBBQ会場にてオージーバーベキュー・ディナー。食後は日本語ガイドが話す星空ツアーに参加してホテルへと帰着。$354~
モバイルページはこちらPCページはこちら

ウルル(エアーズロック)アウトバック・バーベキューディナー及び星空ツアー
日の入り90分前にエアーズロック・リゾート出発.所要3.5時間
ウルルのサンセット・ビュー・ポイントにてウルルの夕焼けの姿を観賞。日の入り後ウルルの麓のBBQ会場にてオージーバーベキュー・ディナー。食後は日本語ガイドが話す星空ツアーに参加してホテルへと帰着。$250~
モバイルページはこちらPCページはこちら

Japanese Uluru Pass with optional BBQ Dinner
これは2~3日間のパッケージツアー。エアーズロックに訪れる日本人にとっての定番&人気のパッケージツアー。
上記の”カタ・ジュタとウルル・サンセットツアー(BBQディナーはオプショナル)”と”日本語ガイド付きウルル日の出登山とウォーキングツアー”に加えてエアーズロック空港到着から日本語ガイドの出迎え、ホテルへの送迎、滞在中の説明、そしてホテルから空港への送迎が含まれています。$489~,BBQディナー付きの場合;$645~

モバイルページはこちらPCページはこちら

このパッケージツアーに参加するにはエアーズロック空港に到着する便と出発する便の時間に注意する必要があります。

到着日=エアーズロック空港にPM13:45までに到着する便なら参加可能。
また、2日目を出発日にする場合=PM13:45以降にエアーズロック空港を出発する便なら参加可能=AMに空港を出発する便は参加不可能となります。

以上の4つの日本語ツアー以外に英語ツアーですが、現地ツアーではとても人気の”ウルル・ラクダ・エクスプレスサンライズ・サンセット ツアー“や”エアーズロック発ウルルとカタジュタまでのヘリコプター遊覧飛行“などの現地ツアーもPCページ、もしくはモバイルページから日本語でオンライン予約が可能です。

オーストラリア行き格安航空券をオーストラリアの会社で検索、予約

日本からオーストラリアへ往復する航空券をオーストラリアの旅行会社で検索すると格安チケットが見つかります。カンタス航空、ジェットスターなどはさすがにオーストラリアの旅行会社の方が安いみたいです。

オーストラリアでのオンライン旅行会社ではWotifが最大になっていますが、そのWotifでの航空券検索、料金比較を行ってみると日本の海外チケット販売サイトやエクスぺディア・日本サイト、HISなどを含めた旅行会社の価格より安いことが分かりました。

Wotifのサイトは日本語対応にはなってなくて、英語表示で、オーストラリアドルでの料金表示ですが、諸費税も込みの料金を表示してくれます。その料金を見る限りは大きな違いとまではいかないまでも、さすがにオーストラリアの会社であるカンタス航空、ジェットスターは同じ路線を飛んでいるJALや全日空よりは確かに格安となります。また中国南方航空やLLCでも羽田発着があるエアーアジアXなどはもっと格安となります。

英語での検索、予約画面表示で、Eチケットも英語だけの表記となりますが、日本発着でオーストラリアへの格安航空券を探す際にはこのWotifを見てみることをお勧めします。


オーストラリア最大のオンライン旅行会社Wotifでオーストラリア行き航空券を検索、予約できます

Wotifで東京・ケアンズの航空券を検索してみると、直行便として就航しているジェットスターが最安値で見つかります。この料金は日本のジェットスターより安く、日本のオンライン航空券販売会社(Denaなど)より安い価格です。

次にWotifで羽田/シドニーの直行便を検索してみると、カンタス便がさすがに最安値で見つかります。同じ路線を就航しているJALはやはり日本の航空券サイト(サプライスやエクスぺディア・日本、HISなど)が安いのですが、全日空はあまり価格差はありません。ちなみに、成田発着でケアンズでの1回経由のシドニー往復でよければジェットスターがカンタスよりすごく安くなってます。

Wotifでは複数の観光地を訪れる航空券の検索もできます。ハミルトン島へ行くには日本からだとブリスベンを経由して単純往復するチケットが最安値で出てくると思うのですが、日本からのハミルトン島へ行く人の一般的パターンとしてハミルトン島を訪れた後、シドニーも訪れる周遊タイプの航空券も検索できます。その検索日程はまず、東京/ケアンズを第一Flightとして、Flight2はケアンズ/ハミルトン島(HTI),そしてハミルトン島滞在後シドニーへの航空券としてFlight3、シドニーで滞在後の東京への帰路便としてFlight4に日付も入れて検索するとその時点での最安値で、予約ができるチケットが表示されます。このパターンは日本から直行便が出てなくて、帰路途中で乗継ついでにシドニーやケアンズ、ブリスベンで滞在する日を入れるようなエアーズロックやダーウィンへと周遊旅行を計画するときにも使える検索方法です。