オーストラリアへ格安、最短、最小乗継で行けるお勧めフライト

オーストラリアに東京、大阪、名古屋、福岡の日本各地の空港から格安で、最短時間で、そして最小乗継時間で行けるお勧めのフライトをまとめてみました。これからオーストラリアへ個人旅行で行く計画を立てる際の参考にしてください。

日本から直行便が出ているケアンズ、ゴールドコースト、シドニー、メルボルンはもちろんのこと、乗り継ぎが必要なパースやダーウィンへの最安で最適の航空券がゲットできるフライトと直行便が出ていない大阪や名古屋や福岡からもオーストラリアへ個人旅行で行く際の参考になるでしょう。

ケアンズへのお勧めフライト
東京からはジェットスター、日本航空が共同運航で成田発着の直行便を就航
大阪からはジェットスター、日本航空が共同運航で関空発着の直行便を就航
名古屋からは日本航空を利用して成田経由、またキャセイパシフィック航空で香港経由でケアンズまで往復可能。そしてシンガポール航空利用でのシンガポール経由でもケアンズに往復可能。
福岡からは名古屋発着同様、日本航空を利用して成田経由、キャセイパシフィック航空で香港経由でケアンズまで往復可能。そしてシンガポール航空利用でのシンガポール経由でもケアンズに往復可能。

ゴールドコーストへのお勧めフライト
東京からはジェットスター、日本航空が共同運航で成田発着の直行便を就航
大阪からはジェットスターもしくは日本航空を利用して関空発着で成田もしくはケアンズ経由で往復可能。
名古屋または福岡発着では、ジェットスターもしくは日本航空を利用して成田経由が最適&お勧め

シドニーへのお勧めフライト
東京羽田からはカンタス航空と全日空が直行便を就航。また成田発着では日本航空が直行便を就航している。
大阪からはカンタス航空が期間限定、週3便だけど12月14日から18年の3月24日まで関空発着で直行便を就航。また全日空利用すれば羽田経由でシドニー往復が可能。そして関空発着で大韓航空、キャセイパシフィック航空を利用すればそれぞれソウル、もしくは香港で乗継ぎ一回でシドニー往復可能。
名古屋、福岡発着では日本航空を利用して成田経由、またカンタス航空を利用するには羽田までジェットスター国内線などで移動後シドニー往復が可能。また大阪発着と同様、大韓航空又はキャセイパシフィック航空を利用すればそれぞれソウル、もしくは香港で乗継ぎ一回でシドニー往復可能。

メルボルンへのお勧めフライト
東京成田発着でカンタス航空と日本航空がそれぞれ直行便を就航。
大阪からはジェットスターとカンタス航空を組み合わせてケアンズ、又は成田経由1回でメルボルン往復可能。また日本航空利用だと伊丹もしくは関空発着成田経由でメルボルン往復が可能。そして関空発着でキャセイパシフィック航空を利用すれば香港で乗継ぎ一回で毎日メルボルン往復可能。
名古屋、福岡発着では日本航空を利用して成田経由、またカンタス航空を利用するには成田までジェットスター国内線で移動後メルボルン往復が可能。またキャセイパシフィック航空を利用すれば香港で乗継ぎ一回でメルボルン往復可能。

パースへのお勧めフライト
パースには日本から直行便は就航されてないのでどこかで乗り継がなければならないけど以下のフライトパターンがお勧めです。

東京からは成田もしくは羽田発着のカンタス航空を利用すればブリスベン又はメルボルン、またシドニー乗継でパースに往復可能。キャセイパシフィック航空を利用すれば羽田発着香港で乗継ぎ一回で毎日パース往復可能。そしてシンガポール航空でも羽田発着シンガポール経由で毎日パースへの往復が可能。
大阪からはカンタス航空利用では、成田もしくは羽田経由そしてブリスベン又はメルボルン、またシドニー乗継でパースに往復可能。最善はシンガポール航空利用で関空発着シンガポール経由で毎日パースへの往復が可能。またタイ航空、キャセイパシフィック航空を利用すればそれぞれバンコク、もしくは香港で乗継ぎ一回でパース往復可能。
名古屋、福岡発着でもシンガポール航空利用が最善。シンガポール経由で毎日パースへの往復が可能。またカンタス航空利用では、成田もしくは羽田経由そしてブリスベン又はメルボルン、またシドニー乗継でパースに往復が可能になる。そしてタイ航空、キャセイパシフィック航空を利用すればそれぞれバンコク、もしくは香港で乗継ぎ一回でパース往復可能。

ダーウィンへのお勧めフライト
ダーウィンにも日本からの直行便は無いので乗継便でダーウィンを往復します。

東京からは成田発着のカンタス航空を利用すればブリスベン経由でダーウィンに往復が可能。またシンガポール航空利用では羽田発着シンガポール経由でダーウィンへの往復が可能。そしてフィリピン航空利用でも羽田発着が可能で、マニラ経由でダーウィンへの往復が可能になります。
大阪そして名古屋、福岡発着ではカンタス航空利用を利用する場合、成田まで国内移動後ブリスベン経由でダーウィンに最短で往復が可能。またシンガポール航空、フィリピン航空を利用すればそれぞれシンガポール、もしくはマニラで乗継ぎ一回でダーウィンへ往復が格安で可能です。

オージーブリーズでは各方面別ページ上にお勧めフライトの詳細とオンライン予約が可能なページへとリンクを張っています。

ジェットスターやカンタス航空を利用する場合は直接オフィシャル日本のサイトページからオンライン予約が可能ですが、オーストラリアのオンライン旅行会社最大のWotifからも日本/オーストラリアの航空券を購入できます。さすがにオーストラリアの飛行機会社であるカンタスやジェットスターのチケットは日本販売よりも安いものが見つかります。

またキャセイパシフィック航空や日本航空、大韓航空、そしてフィリピン航空などの航空券をオンラインで検索&予約するには楽天トラベル利用もお勧めです。

シンガポール航空利用するときは3か月おきぐらいでキャンペーンを行っているので、その際にオフィシャルページから直接予約&購入するのがお勧めになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です